留守時の防犯対策にインターホンのスマホ対応は必須要件!(リニュアル)

空き巣はインターホンで留守を確認している!

空き巣はあらゆる手段を講じて留守を確認していますが、最終的にはインターホンでの留守確認が決め手となっている場合が多いようです。

セールス等を装い何度もインターホンで在宅を確認し反応がなければ留守を確信して行動に及ぶのが通常となっています。

従って、空き巣対策には留守の確認手段となるインターホン対策が不可欠と言えます。

インターホンと携帯で応対可能が防犯対策の必須要件

外出中に自宅のインターホンを鳴らす来訪者と携帯電話で応対できることが留守時防犯対策の必須要件になっている!

留守中にインターホンを鳴らすのは、多くの場合、宅急便ですが、セールスなどもあります。

インターホンと携帯が直接繋がれば、来訪者が留守中にインターホンを鳴らすと、外出先で即座に携帯電話(スマホ)で会話対応できるので、何かと融通が効きまし、特に、不審者に留守を悟られることが防止できます。

また、普段ちょっとした外出中にも宅急便屋さんや郵便やさんに即対応できるので彼らにも喜ばれています。

インターホンをスマホ対応可能にする方法

2つの方法があります。

①既設のインターホンにアダプターを介して固定電話に接続して携帯に転送させる方法
②転送機能を備えたインターホンに置き換える方法

①の既設インターホンにアダプターを使って固定電話に転送させる方法は、現在使っているインターホンの機種によって可能なものとそうでないものとがあります。

従って、現在お使いのインターホンを活用する場合は、メーカーに問い合わせて確認する必要があります。(確認の際は、機種名(室内モニターを含む)を伝える必要があります)

①既設インターホンと固定電話をアダプタ―で接続して転送させる方法

私の場合は、「インターホン」も「固定電話機」もパナソニック製でしたので、「ドアホンアダプター」を設置し「室内モニター」と「固定電話」を「コード」で繋ぐことで「インターホン」からの通話を「固定電話」から「携帯電話」へ転送されるようになりました。

しかし、この方法は、インターホンの機種によって可能なものとそうでないものがありますので、現在ご使用の「インターホン(外部子機)」と「室内モニター」及び「固定電話」の機種を調べてメーカーに問い合わせて可能かどうか確認が必要です。

パナソニックの場合、こちら⇒「パナソニック」で確認できます。

②転送機能を備えたインターフォンに置き換える方法

もっとも、「最近のインターホン」は、そのままスマホや携帯電話に転送できる機種がたくさんありますので、切り替えられたほうが手っ取りばやく、且つ、スムーズにスマホ対応できます。(少し費用がかかりますが)

なお、現在ある転送用のアダプターは、パナソニックでは将来廃止の方向にあるようです!

⇒パナソニックのスマホ対応機種「パナソニック

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF

簡単に外出先でも来客に在宅中であるがごとく対応できます。

昨今の宅急便(通販購入)が多くなった中、対応できるのが便利です。

なお、留守時の防犯対策全般については、〖自分でできる「長期間の留守に備えた防犯対策」〗をご覧願ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記の関連記事もご覧いただければ幸いです。