二階三階狙いの空き巣に対する防犯対策のポイント

空き巣の浸入口、戸建てでは「二階」、低層集合住宅では「三・四階」が意外と多い!

戸建ての場合は、当然、宅地内に侵入しやすい「一階」からの浸入が圧倒的に多いのですが、意外に多いのが「2階」からの侵入です。

これは、一階は、施錠や戸締りなどの防犯意識が高いのに対し、二階は、窓を半開きのままや雨戸を閉めないなど、防犯意識がつい薄くなりがちなことを、空き巣が知っているからです。

空き巣にとって、二階への侵入経路が容易で、周囲の環境が侵入に適していれば、一階よりもかえって侵入しやすいと考えることが主因と思われます。

空き巣は、暗い時間帯、近隣が寝静まり人通りが最も少ない時間帯の深夜2時~4時が侵入に格好の時間として犯行に及ぶことが多いのですが、この時間帯に、周囲に気づかれず目をつけた(半扉や雨戸の開放などで侵入しやすい)侵入口に素早く侵入しようとします。

二階や高窓が狙われる主な要因を整理すると

二階は、つい油断して窓の半開きや無施錠など防犯対策が緩い

足場となるものがあり、容易に登り侵入口に至る経路がある

二階や高窓の侵入口が容易に突破できそう

周囲に気づかれにくい立地条件がある

などです。

空き巣は、足場となる塀やフェンス、物置や室外機、植え込みなどがあって目的場所に到達できるのです。従って、これら足場となるものを撤去するなり、使わせない対策が必要です。

以下の対策は、「中長期に自宅を留守にする時を想定した対策」ですので、ちょっとした外出は臨機応変に考えてください。

①は心がけの問題で、防犯意識を徹底する。

②は容易に対策できるものとそうでないものがあります。

〖容易に対策できるもの〗

 脚立、はしご、自転車などは倉庫に格納する。

 それができないならばチェーン鍵で柱に固定するなどの対策が必要。

〖そうでないもの〗

 塀、植え込、物置、車、カーポート、雨どい等の配管、電柱、エアコンの室外機などの足場になりそうなものの近くに「人感センサー付きフラッシュライト」や、「防犯カメラ」、「人感センサー付きアラーム」などを随所に設置する。(注意:アラームなどは誤動作が頻繁に起きない設置が必要)

③は小窓に面格子設置やベランダの見通しアップ等の侵入口防御力強化が必要。

④立地は変えられないので、対策が必要です。

 「防犯カメラ」及び、人の動きを感知して作動する「アラーム」や「フラッシュライト」などを設置し抑止力を高める。

詳細は、「自分でできる「長期間留守時の防犯対策」」をご覧ください

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク