留守宅防犯|その雨戸で空き巣の浸入を阻止できますか?(リニュアル)

雨戸が空き巣の侵入口に使われることが意外と多いことをご存知ですか?

雨戸は、通常は侵入口の選択肢には入りませんが、他に無施錠の出入り口やガラス窓がない場合は空き巣の狙い目となります!

雨戸は、外し易い場合が多く、特に、木製雨戸はバール等でこじ開けられるケースが多発しています。

特に、その雨戸が、周りから死角となる位置にある場合や、腰板などで周りから目につかない形で作業ができるような位置にある場合は空き巣の格好の狙い目となります。

実際に私の親類方でも留守にしていた夜間に2階の雨戸を外され盗難に遭いました。

留守宅の防犯対策集

Ⅰ.外しやすい雨戸、死角にある雨戸は空き巣の狙い目!

雨戸をきっちり閉めたからといっても、木製の雨戸や周りから死角の位置にある雨戸、周りから姿を隠せる腰板等があるベランダの雨戸の場合、空き巣にとっては格好の侵入口となります。

このため、

1)狙われても阻止できる対策(雨戸を外れにくくする対策)
2)雨戸が狙われないようにする対策(抑止対策)

が必要となります。

1)雨戸を外れにくくする

雨戸は、下部に隙間ができれば、バールのようなもので簡単に持ち上げ外されます。

従って、ご自宅の雨戸を持ち上げると下部に隙間ができるようなら隙間ができないようにする必要があります。

方法としては、
「①雨戸の上下に雨戸用鍵を取り付ける」
「②雨戸の上下に雨戸用補助鍵を取り付ける」
の2方法があります。

①雨戸の上下に雨戸用鍵を取り付ける方法

通常は最初から上下に雨戸用鍵が取り付けられているのが普通なのですが、業者によっては片方だけで納入されている場合もあります。

雨戸の鍵は自分でも取り付けられますので、メーカーを調べて鍵を購入して自分で取り付けましょう。

※雨戸のメーカーによって異なります。

自分で対応するのが無理であれば、次の②の方法で対応しましょう!

②雨戸の上下に「雨戸用補助鍵」を取り付ける

留守時には、雨戸の上下に「雨戸用補助鍵」を取り付けましょう。

※これは木製雨戸用です。

2)死角にある雨戸向けに防犯カメラ等を設置する!

雨戸に向けて防犯カメラ又は、人感センサーライトを表通りから見える形で設置しましょう。この場合、必要度を勘案してダミーでもいいと思います。

防犯カメラ

">

センサーライト

Ⅱ.最後に

雨戸は昼間も閉め切った状態だと留守を悟られるため一部を半開きにするべきだとの説もありますが、雨戸は、空き巣の侵入の抑止力にもなり、侵入に手間取らせる武器にもなります。

従って、留守時の雨戸は断固侵入阻止するために閉めるべきです。その上で、留守を悟られない工夫(日よけシートやすだれで覆うなど)が必要になります。

⇒「留守宅雨戸防犯「日よけシート、すだれ」選ぶポイント

しかし、空き巣が侵入を決めて雨戸に狙いをつけられた場合は、何としても雨戸が簡単に外されないようにしておかなければなりません。(手こずれば侵入を断念させることができるかもしれません。)

是非、ご自宅の雨戸を点検して、持ち上げられないかをチェックして、隙間ができるようだと補助鍵などで固定できるようにしておきましょう。

また、周囲から死角になるようでしたら、ダミーの防犯カメラなどで抑止効果を高めておきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーー 完 ーーーーーーーーーーーーーーー

雨戸用鍵

雨戸補助鍵

下記の関連記事もご覧いただければ幸いです。