留守宅防犯|小窓は空き巣の狙い目。面格子及びアラームが必要。

1階の小窓や2階ベランダの小窓は空き巣の狙い目、面格子とアラームの設置を!

(更新: 2019年5月2日)


防犯・防災ランキング

5年前の雨の降っていた夜、隣の留守宅に二人組の空き巣が、その家の横手にある「小窓」から窓ガラスを割り侵入しようとしました。

しかし、窓ガラスを割った途端に警報器が大きく鳴り響いたため、二人組は、我が家の塀を伝って逃走しました。

警察の調べでは、幸い、盗られた被害はなかったとのことでした。

警官の話では、「小窓」から空き巣が侵入するケースは度々起きているということでした。

早速、我が家も、一階と二階のベランダに、「面格子」なしのトイレの「小窓」があったので、「面格子」を取り付けました。

近くを散歩してみると、結構、「面格子」なしの「小窓(大小様々)」があり、条件があえば狙われると感じるところもあって驚きました。

長期間の留守でなくても人が入れるほどの大きさの「小窓」であれば、「面格子」は必要だと思います。ましてや、二三日以上の留守をする場合は、一階及びベランダのある二階などの「小窓」には、「面格子」などの防御柵が絶対に必要だと思います。

特に、人通りに面していない横手の「小窓」が、空き巣にとって「狙い目」かもしれません。

「面格子」では侵入を完全にブロックができないまでも、空き巣を容易に侵入させない抑止力効果は大きいと思います。(空き巣にとって短時間で侵入できなければ致命傷になります)

さらに、「面格子付きの小窓」にも何らかの簡単な「警報附きのアラーム」を設置すべきと思います。

特に注意が必要と思われる窓には、「窓センサー(警報を鳴らす+携帯に連絡が入る)」を取り付けるべきです。

〇面格子  
窓の取り付け部の壁材によっては、業者に依頼したほうが良いかも知れません。
我が家は、パネル壁で素人には難しいので業者に依頼しました。
木製のような壁でしたら自分でも可能と思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルミ面格子06911 ヒシクロス/井桁/縦/横 寸法1220mm×790mm
価格:11157円(税込、送料無料) (2019/5/2時点)

楽天で購入

〇アラームまたはセンサー 
面格子をつけた小窓にはアラームを取り付けましょう。

詳細は、「自分でできる「長期間留守時の防犯対策」をご覧ください。

の「窓センサー」を取り付けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク