旅行などで家を留守にする時は最低限まず防犯カメラを設置しましょう!

(更新: 2019年4月27日)

GWが目前ですが、旅行などで家を留守にする場合の「空き巣」対策は十分ですか?

二日以上家を留守にする場合は、「留守を悟られないようにする」などの十分な防犯対策が必要ですが、それが未だ不十分と思える状態であれば、何はさておき、「表通りから見える位置」に防犯カメラ2台を設置することをお薦めします。

防犯カメラは、空き巣にとっては最大の脅威であって抑止力効果は大きいのです。

たとえ他の防犯対策が不十分なところがあっても、防犯カメラの抑止力がカバーしてくれる可能性は大です。

一台はドアホンに向けて、もう一台は宅地内侵入箇所に向けて配置しましょう!

防犯カメラは、是非「スマホ対応できるもの」にしましょう。

外出先で家の無事を確認できて安心できます。

旅行を安心して満喫するために防犯カメラだけは最低限取り付けるべきです!

今からでも間に合います。まだ準備ができていなければ早急に手配しましょう!

詳細は、「自分でできる「長期間留守時の防犯対策」」をご覧ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク