災害時避難勧告等で家を留守にする時の空き巣対策

災害時の避難で留守になった家を狙う空き巣に注意!万一の備えを普段から!

台風や地震、大雨に等により「避難勧告」や「避難指示」が出された地域でよく発生するのが火事場泥棒と言われる空き巣や窃盗事件です。

無防備状態に乗じコンビニやビデオ販売店などの店舗や個人宅を狙った単独犯やグループによる犯行が後を絶たないのです。

地域全体が留守になることや、警察や消防、災害対策関係者も避難誘導や災害対応に追われ防犯が手薄になることに便乗して不届き者が窃盗を働くという構図です。

従って、災害発生に伴い避難を余儀なくされて家を留守にする場合にもこれらのことに留意して空き巣や泥棒に対する防犯対策が必要になります。

従って、災害が多く発生する地域はもとより、そうでない地域においても、普段から避難で家を空けたときの防犯対策を考え備えておくべきです。

そして災害時の避難で家を空ける場合の防犯対策の「留意点」は、

1.侵入する気にさせない

2.断固として侵入を許さない(侵入を困難にする)

3.被害を極力小さくする

の三点にあり、この対策以外に打つ手はありません。

この3点に沿って具体的に対策をご紹介します。

1.侵入する気にさせない

・侵入すると通報されるかもと思わせるため「防犯カメラ」、「ドア・窓センサー」を設置する。

・証拠が残るかも思わせるために「防犯カメラ」を設置する。

・侵入が難しいとおもおわせるために、雨戸・シャッターは全て閉める。ガラス窓は全て面格子を設置する。

2.断固として侵入を許さない(侵入を困難にする)

・侵入口は10分以上持ちこたえられるよう雨戸・シャッター全部閉める。ガラス窓は面格子を設置しドア・窓は二重ロックとする。

3.被害を極力小さくする

災害避難時に空き巣に狙われると防ぐのは難しいので、被害を最小限にするための対策が重要となります。

・大金や貴重品は自宅に置かない。

・高価な動産(車、バイクなど)は施錠や固定などで持ち出しが難しくする。

なお、具体的対策の詳細は「自分でできる「長期間の留守に備えた防犯対策」」をご覧ださい。

〖災害対策基本法〗における「避難発令の三区分」

1.「避難準備・高齢者等避難開始」・・今後避難が予想される。

2.「避難勧告」・・・速やかに安全なところに避難しましょう

3.「避難指示」・・・ただちに安全な処に避難するように!

※日本では、「避難命令」という強制的な発令は存在しません!



【送料無料】セントリー 【軒先渡し】耐火耐水金庫(1時間耐火) JFW123GEL|生活用品 防犯・防災用品 防犯用品 耐火金庫

価格:47,500円
(2019/6/2 23:37時点)
感想(0件)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク