留守時防犯対策|庭木の落ち葉や倒れた自転車の放置は空き巣に留守を悟らす好材料

家の回りの道路、特に門前付近の道路や玄関ドアに至る通路に自宅の庭木の枯れ落ちた葉っぱや花びらなどが散乱し何日も放置されていると空き巣は留守の確認を始めます。

家の入り口扉(門)付近や玄関ドアに続く通路は、通常、住人が掃除などに気を使っているところであり、何日間も放置されていると、空き巣が留守を疑う絶好の材料になります。

このため、二日以上の中長期間家を留守にする時は、出かける前に庭木の落ち葉などを掃除しておくことは勿論ですが、植木の種類によって落ち葉が多くなる時期がありますので、中長期の留守が予定されている場合は事前に剪定しておくことをお勧めします。特に台風シーズンに注意が必要です。台風で庭先などに散乱した落ち葉などが放置されていると留守を悟られやすくなるので庭木の多いご家庭は要注意です。

中長期に留守にする時は、庭木が落葉時期であれば剪定又は枯れ葉を落としておきましょう。また、隣の人が親しければ落ち葉の状況が酷いときは掃除をしていただけるようお願いできれば安心ですね。

留守が長期になればなるほど枯れ葉対策に注意が必要であることを念頭においておきましょう!

他にも、自転車などが風で倒れたままになっているとか、古い裏木戸が風などで半開きになったまま放置されているなども同様に、空き巣が留守宅を見つける好材料になります。

〖結論〗

通行者が目に付くところ(ふつう住人が居れば掃除するはずのところ)に庭木の落ち葉などが何日も放置されていると留守宅のサインを送ることになります。また、風などで自転車などが倒れたり古い裏木戸などが半開きになったまま放置されていることも留守宅のサインになります。

三日以上家を留守にする時はこれらのことに留意して、前もって剪定しておくか目につかないところに移動又は固定するなど必要な措置を取っておくことが防犯上重要です。

なお、留守時の防犯対策の全容は「自分でできる留守時の防犯対策」を是非ご覧願います!

楽天の防犯カメラグッズショップ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク