迷惑メールに関する情報・相談は「迷惑メール相談センター」へ

安心できる相談窓口「迷惑メール相談センター」とは?

詐欺グループによるフィッシング目的や架空請求などの迷惑メールで困っている方が多いのではないでしょうか?

実際にかなりの多くの方々が、詐欺グループから手を変え品を変え偽装(迷惑)メールを送りつけられ、被害に遭われています。

また、金銭的被害に遭っていなくても、精神的苦痛に怒り心頭の方は多いのではないでしょうか?

手口は巧妙さを増しており詐欺と見分けがつかないものが多くなっている!

テレビや企業などでは、被害に遭わないように「訳のわからないメールは開かない」などと頻繁に注意を呼び掛けてはいますが、迷惑メールは巧妙さをましており見分けがつかずその度に悩まれる方が多いのではないでしょうか?

そして、参考になる情報がないかネットでいろいろ調べますが、これがややこしくて素人には難解なものが多く手間がかかって頭を抱えてしまいます。

何かあった時の為に安心して相談できる相談窓口は?

そんな時は、必要な情報が入手でき、必要なら相談もできる公共の機関があればと思う人が多いのではないでしょうか?そんな人を想定して、困った問題別、トラブル別に信頼でき安心して相談できる窓口を紹介していきたいと思います。

今回は、迷惑メールで困った時に安心して相談できる窓口として、「迷惑メール相談センター」をご紹介します

「迷惑メール相談センター」は、総務省所管の日本データ通信協会が運営する公共の迷惑メールに関する情報・相談の窓口です

次の通り、総務省ホームページに「迷惑メール相談センター」の位置づけが明示されています。

「迷惑メール相談センター」のホームページの構成

ホームページの構成は、「ホーム」「ご案内」「迷惑メール対策」「ご相談窓口」「情報提供」「取り組み」となっています。

1.「ホーム」ページの主な掲載項目

「ホーム」の主な掲載項目は、「新着情報」「要注意メール」「最近の相談事例」「お知らせ」「関連ニュース」となっており、それぞれのタブを開くと必見に値する注意すべき記事が記載されています。1か月に1度位さっと目を通しておくと参考になると思います。

1)「新着情報」

迷惑メールの最新の出回り情報が掲載されています。

2)「要注意メール」

ほぼ、「新着情報」と同じメールが紹介されています。(省略)

3)「最新の相談事例」

実際に相談された方の相談内容が紹介されています。

各相談をクリックするとQ&Aが表示されます。参考になる相談内容があるかも知れません。

4)「お知らせ」

お知らせには、注意の呼びかけがなされています。どういうことが世の中で起きているかがわかります。今は特に特別給付にまつわる詐欺事件にたいする注意呼びかけがメインの様です。

「デマ情報に注意」をクリックすると次の様な注意呼びかけがなされています。

5)「関連ニュース」

企業がユーザーに注意呼びかけしているメッセージを掲載しています。

2.「ご案内」ページの主な掲載項目

センターの主な任務と活動内容の紹介がなされています。

1)センターの主な任務は、総務省より委託を受けて、特定電子メール法に違反する迷惑メールに関するご相談や情報を受付けており、違反者には、その情報を総務大臣及び消費者庁長官による措置等に活用している。
2)センターの活動としては、「電話相談」、「迷惑メール送信者への対応」等を行っている。

なお、「迷惑メール相談センター」の電話相談は、広告又は宣伝目的のメールでのトラブルに関してに限定されているので注意が必要です!
このため、架空請求やフィッシング等の迷惑メール等の相談は受け付けません。但し、それらの相談については相談内容別に別の相談窓口を紹介しています。

3.「迷惑メール対策」ページの掲載内容

いろんな角度からの迷惑メール対策の講じ方、トラブルに巻き込まれないための方策等を紹介しています。

迷惑メールの概要について・・・迷惑メールとは?

迷惑メール防止方法・・・パソコン・ケータイ・WEBメール・スマートフォン等の対策

迷惑メールを予防するには・・迷惑メールを受け取ったら、個人情報を守るには

4.「ご相談窓口」ページの掲載内容

1)「迷惑メール相談センター」の電話相談

センターの電話相談は、「不特定多数へ同意を得ずに送られる広告宣伝目的の迷惑メールに関する相談に限定されている。

※特定電子メールとは、営利を目的とする団体及び営業を営む個人が、広告又は宣伝を行うために送信するメールのこと。

⇒相談は無料、但し、通話料金は相談者負担。☎03-5974-0068

10:00~12:00 13:00~17:00(土日祝日・年末年始を除く)

2)迷惑メール相談センターが受け付けない相談内容の相談窓口(「その他の相談窓口」)は以下の通り
①[料金請求に関する相談]

・利用の覚えないサイトから料金請求が来た支払わないと伝えても料金請求が続く

もしかしたらサイトを利用したかもしれない・無料だと思ったのに料金の請求が来た

サイトの退会にはログインが必要という不審なメールが来た

○架空請求・不当請求メール等の相談

⇒[消費者ホットライン(新しいタブで開きます)](消費生活センター)
「188(嫌や!)」 旧番号0570-064-370
(相談窓口へつながった時点から通話料が発生します。相談は無料です)

また、「国民生活センターHP」で、最寄りの消費生活センター等(新しいタブで開きます)の電話番号が検索できる
○ネット上でのサービスや契約などの特定商取引法に関する相談
⇒[一般財団法人日本産業協会「相談室」(新しいタブで開きます)]03-3256-3344
受付時間:午前12時30分~午後4時(年末年始・土日祝祭日除く)

②[パソコンの挙動がおかしい・ウイルス/不正アクセス等に関する相談

・最近パソコンの挙動がおかしい・画面に料金請求の表示出たまま元に戻せない

自分が迷惑メールを送っているとプロバイダから連絡があった

ボットや不正アクセスの被害にあった

銀行やクレジットカード会社を名乗る不審なメールを受け取った(フィッシング)

ネットサイトからメールでIDやパスワード変更依頼の連絡があった(フィッシング)

○ウイルスや不正アクセスに関する相談

⇒[情報セキュリティ安心相談窓口(新しいタブで開きます)](IPA 独立行政法人 情報処理推進機構)

03-5978-7509 受付時間:午前10時~午後0時、午後1時30分~午後5時(年末年始・土日祝祭日除く)

○フィッシングメールに関する相談

⇒[フィッシング対策協議会(新しいタブで開きます)](一般社団法人 JPCERTコーディネーションC)

情報提供アドレスinfo@antiphishing.jp
フィッシングメールを受け取った場合は、メールを転送もしくはフィッシングメールのタイトル、本文、差出人名、送信日時、概要などを送ってください。

金銭的被害が確認されている場合には以下の警察庁・警視庁サイバー犯罪相談窓口に連絡ください。

○インターネット上での犯罪にあわれた方の相談
⇒[警察庁・警視庁サイバー犯罪相談窓口(新しいタブで開きます)]
警察庁・警視庁では、ネット上での詐欺や悪質商法、不正アクセス、インターネットオークションなどのサイバー犯罪の被害や、被害にあいそうになったときの相談を受け付けています。
緊急通報の場合は110番へ
具体的な被害の相談は、最寄りの警察署又はサイバー犯罪相談窓口へご連絡ください

➂[SNS(LINE,Twitter,Facebook等でのトラブル)に関する相談

・知らない相手からのメッセージを拒否したい

嫌がらせのメッセージを送ってきたアカウントを通報したい

勝手に掲載されたSNSの画像を削除したい

SNSで誹謗中傷されている記事を削除してほしい

LINEグループでの書き込みを消したいアカウントが誰かになりすまされた

Facebookからの招待メールやお知らせメールを受け取りたくない

これらの相談窓口はWebフォームからが主となる。
○Ameba(ブログ、ピグ)相談は、[アメーバヘルプ(新しいタブで開きます)]。
○Facebookについての相談は、[Facebookヘルプセンター(新しいタブで開きます)]○Googleアカウントついての相談は、[Googleヘルプセンター(新しいタブで開きます)]
○GREEについてのご相談は、 ヘルプ(新しいタブで開きます)(GREE)○LINEについてのご相談は、[LINEヘルプページ(新しいタブで開きます)]

詳細はご相談・お問い合わせ」を参照願います。

④[ネット上での誹謗中傷・いじめに関する相談]

・掲示板に実名で中傷されている・掲示板の書き込みを削除したい

・チェーンメールで自分へのいじめを呼びかけるメールを回されている

・ネット上で悪口を言われている

・ネット上で殺害予告されたり金銭での被害にあった

○インターネットにおける誹謗中傷などの人権に関するご相談
⇒【24時間子供SOSダイヤル(新しいタブで開きます) 】(文部科学省)0120-0-78310
受付時間:24時間対応(年中無休)○インターネットにおける誹謗中傷などの人権に関するご相談
⇒【 全国共通人権相談ダイヤル(みんなの人権110番)(新しいタブで開きます)】(法務省)0570-003-110
受付時間:午前8時30分~午後5時15分(年末年始・土日祝祭日除く)
※最寄りの法務局・地方法務局につながります。
※PHS,一部のIP電話等からはつながらない場合があります。
○東京都の青少年のためのインターネット・携帯電話のトラブル相談
⇒【 こたエール(東京こどもネット・ケータイヘルプデスク)(新しいタブで開きます)】(東京都)
0120-1-78302 ※2018年4月24日より電話番号が変更されました。
受付時間:月~土 午後3時~午後9時(年末年始・日祝祭日除く)○インターネット上での犯罪にあわれた方のご相談
⇒【警察庁・警視庁サイバー犯罪相談窓口(新しいタブで開きます)】(警察庁・警視庁)
警察庁・警視庁では、ネット上での詐欺や悪質商法、不正アクセス、インターネットオークションなどのサイバー犯罪の被害や、被害にあいそうになったときの相談を受け付けています。
緊急通報の場合は110番へ
具体的な被害の相談は、最寄りの警察署又はサイバー犯罪相談窓口へご連絡ください。

5.「情報提供」ページの掲載内容

「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」に違反していると思われる迷惑メールの収集を行っている。
このため、センターは、特定電子メール法に違反していると思われる迷惑メールの情報提供の協力を依頼している。

このため、特定電子メール違反と関係ない迷惑メールの情報提供は含まれていないので、注意が必要です。

特定電子メールと関係ない架空請求やフィシング詐欺関係などのメールは、基本的には情報提供の対象外となります!

最後に

どこに相談していいか迷った時は、まず、「消費生活センター」に相談してみましょう!

身近な窓口として全国の市町村に配置されている消費者を守る組織で、安心して相談できる公共機関です。

困ったら、直ぐ「188」に電話して早期にすっきりさせましょう!

迷惑メール、サイバー攻撃対策にはソースネクストのセキュリティーソフトがおすすめ!

「セキュリティーソフト」は、高性能かつ年次更新料不要のソースネクストの「ZERO」がおすすめ!ユーザーに優しいソースネクストの社是が嬉しい!

もう20年以上のお付き合い。この間、私、妻、子供、実家等で何台のパソコンに導入しただろうか?
品質は勿論随一でありながら、一番うれしいのが、コストが全然気にならないことです!
品質はもちろん業界でも高性能で定評があり、何といっても嬉しいのが、ソースネクストの低価格奉仕の社是、ソフトの導入コストは他社ではマネができない低価格でありながら、何年使っても更新料はかからず維持コストは0円、信じられない会社のスタート時からのモットーです!
高性能かつ年次更新料不要で割安のソースネクストの「ZERO」がおすすめです!
継続料が不要で入れた端末が使える限り、守り続けます!世界5億台で利用される高性能セキュリティソフトが家庭用には心地良い!
■Windows/Mac/Android/iOSの4つのOSに完全対応
■ 一度インストールした端末で無期限で使える
■ 新しいOSがリリースされても追加費用無し、製品バージョンアップも無料
■ 期限切れ、更新料を気にせずウイルス対策ができる
■ AV-Comparatives プロダクト・オブ・ザ・イヤー 2017受賞(Windows)の高性能エンジン

下記関連記事もご覧いただければ幸いです。

迷惑メール対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク