Amazonを騙る数々の詐欺メール紹介|ザ・ストップ詐欺被害!

Amazonwを騙る詐欺メールが横行!このようなメールにはご注意を!

相変わらず送りつけられる「Amazon」を騙る詐欺メール

Outlookの私の迷惑メールフォルダーを見ると、相変わらず「Amazon」を騙る詐欺メールが数多くストックされています。

これら詐欺メールの対策については既に「正式名「Amazon.co.jp」を騙る詐欺メール出現!要注意!」でご紹介していますが、念のため、その後送り付けられてきた詐欺メールの数々をご紹介します。

このように様々な形でフィッシング目的の詐欺メールが送られてきますので、うっかりすると本物と勘違いしてメールを開いたり相手の誘いに反応してしまわれる方もおられるものと危惧しています。

手口は巧妙化しており、中には全くアマゾンの公式メールと変わらない体裁のものがあったりしますのでくれぐれもご注意願います。

なお、対策等は「迷惑メール対策 」をご覧願ます。

この2~3か月間に送り付けて来たアマゾンを騙る詐欺メールのアカウント(差出名)

これらアマゾンを騙る詐欺メール本文のアカウントと要件名のひな型

主に以下のような4種類の要件名となっています!
①「Amazon.co.jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認」

②「Amazon.co.jp重要なお知らせ:お支払い方法の情報を更新してください」

➂「あなたのAmazonアカウントはセキュリティ上の理由で中断されました」

④「[緊急通知]Amazonプライムの更新設定を解除いたしました! 」

Outlook上での詐欺メール対策

Outlook上でこのような詐称詐欺メールを受けられた場合は、私の「アウトルック(Outlook)上で詐欺Gの迷惑メール攻撃を受けた場合の撃退法」を参考に対処してください!

そこでも書いていますが、対策を講じた後の暫くは、

①受信メール(迷惑フォルダーにはじかれず)に入った迷惑メールを「迷惑メールのオプション(C)」を使って忍耐強く「受信拒否リスト」に登録する作業を繰り返す。

②併せて、同メールをお使いのセキュリティーソフトのオプションでブロックリストに追加することを続けていく。

(ソースネクストセキュリティーの場合)

これらの作業を続けていくと、それぞれのソフトで学習効果が上がりどんどん精度を上げ、相手がアドレスなどを変えて送り付けてきてもはじいてくれるようになります。

なお、実際に詐欺グループから実被害ないしは不安が高じた状況にある場合は、総務省から委託を受けて迷惑メールに対応している「迷惑メール相談センター」のホームページに従って、相談窓口を見つけて相談してください。

⦿「迷惑メール相談センター」のホームページ

このセンターの主命題は、「不特定多数へ同意を得ずに送られる広告宣伝目的の迷惑メールの監視」なので、電話相談は、このことに関する相談のみに限定されているようで、その他の相談事は、他のページで窓口案内をしています。警察窓口などの案内もありますので調べて相談されてはいかがでしょうか?

⇒「その他の相談窓口

スポンサーリンク
スポンサーリンク