Outlook迷惑メール対策|迷惑メールを転送させないヤフー側設定方法

目 次

Outlookでメール管理している方の多くは詐欺グループから大量のメールの攻撃を受けられているのではないでしょうか?

恐らく、かなりの方が何らかのキッカケで詐欺グループから偽装メールの砲撃を受けて辟易されているのではないでしょうか?

聞き覚えのある会社名や友人名でメールが送られてくると、ついメールを開けてしまったりします。すると途端にその直後から、いろんな名目や差出名(アカウント名)でしつこくメールを送り付けてくるのです。

振り込め詐欺と同様、詐欺グループの仕業です。

Outlookの迷惑メール設定等に不備ありと気づく!

私は、メインとなるメールはOutlookで管理していますが、なぜか詐欺メールはOutlookのみ多発していることに気づきました。

Outlookで管理しているヤフーメールを本元のヤフーソフトでメールを開くと、迷惑メールは全て完璧に「迷惑フォルダー」に振り分けられていたのです。

このため、Outlookの設定に問題があると認識しました。

そこでOutlook上での対策を講じることにしましたところ、1日に数十件あった迷惑メールも数日後、完全に遮断することができました!

Outlookの迷惑メール設定と受信拒否設定の強化

Outlookでとった対策は次の通りです。

1.迷惑メールを「迷惑メールフォルダー」へ自動的に振り分ける設定をする

1)Outlookの受信フォルダーを開き、画面上部の「ホーム」タブを選択し、メニューにある「迷惑メール」の「▼」をクリックすると、下に選択項目が表示されるので、1番下の「迷惑メールのオプション」をクリックする。

2)すると、下記の「迷惑メールオプション画面」が表示されます。この「迷惑メールのオプション画面」で「高」を選択して迷惑メールを「迷惑メールフォルダー」に振り分ける設定をします。

この時、普通は「低」でも良いのですが、詐欺メールが多発のような場合は、「高」の方が効果が高いので、「高」を推奨します。

しかし、この場合、迷惑メールでないものも「迷惑メールフォルダー」に除外されてしまう可能性が高くなるので、しばらくの間は迷惑フォルダーのチェックが必要となります!

[迷惑メールのオプション画面]

これで、Outlookは、自動で迷惑メールを「迷惑メールフォルダー」に振り分けてくれますが、最初は精度が低いので、しばらく、次のメンテナンスが必要です。

「高」設定後のメンテナンス内容

「高」への設定後においてのメンテ手順

「受信一覧」に迷惑メールがある場合

 ⇒その都度その迷惑メールを「迷惑メールフォルダー」に手動で移動させるすると Outlookは学習効果で振り分ける精度を上げていきます。

「迷惑フォルダー」に誤って除外されたメールがある場合

 ⇒そのメールのところで「受信拒否しない」をクリックするか、又は「迷惑メールのオプション画面」の「信頼できる差出人のリスト」タブをクリックし「追加」ボタンを押してメールアドレスを入れると次回から、迷惑メールに除外されないようになります。

2.併せて、迷惑メールを「受信拒否リスト」に追加する方法も併せて活用する。

1.と併せて、「受信したくない迷惑メールのメールアドレス」を「受信拒否リスト」に追加して、迷惑メールの受信そのものを拒否する方法です。

設定方法は、下の画面のように、「迷惑メールのオプション画面」にて「受信拒否リスト」タブを選択し「追加」ボタンを押すと、入力画面が表示されるので、そこにメールアドレスを打ち込む。

また併せて「@より前にある差出人名のみ」にして「追加」で処理しておくと弾く率が高くなります。

これは詐欺グループが「@より以下のアドレス」をランダムに変える無料システムを使っている可能性が高いからです。(従って@以下のみを「追加」するドメインブロックは役にたちません!)

3.ついでに、海外からの詐欺グループが多発しているため「海外からの迷惑メールをまとめて除外する」の設定をし、海外からの迷惑メール対策も施しておきましょう!

「迷惑メールのオプション画面」で、「インターナショナル」タブをクリックすると、上段が「ブロックしたい国のドメインを選択」、下段が「ブロックしたい言語別エンコード方式を選択」のボタンが表記されます。

この上段を選択して日本を除く国全てにチェックを入れると外国からのメールは全て拒否できます。

以上が、Outlook上で迷惑メールが多発している場合の「Outlook上における迷惑メール対策」です。

Outlookでいくら迷惑対策を講じても受信欄に入ってくる詐欺メール

大手通販Amazonや銀行名を騙り、送付者アカウントを様々に変えて送り続けてくる悪質詐欺メールは、Outlookでの迷惑メール登録などの対策を潜り抜けしつこく受信されて煩わしさに困っている方が多いのではないでしょうか?

Outlookメールソフトの迷惑登録対策では、アカウントを変えて送り付けられる迷惑メールには対応しきれない面があります。(つまり、Outlookの迷惑メール対策には限界があるということかも)

しかし、ヤフー本体側ではきちんと迷惑処理されている!

しかし、Outlookで送受信管理しているメールがヤフーメールである場合、ヤフー本体側での受信状況を見ると、このような迷惑メールも、ことごとく排除処理されていて受信欄には残っていません。

つまり、ヤフー側では、迷惑メールをきちんと迷惑フォルダーに振り分けているのに、Outlook側にその効果が反映されておらず、迷惑メールを含めた全てのヤフーメールが転送されているのです。

ヤフー側では高性能「送信元認証システム」が構築されている

ヤフーメールでは、高性能の送信元認証システム(送信ドメイン認証技術等)等あらゆる手段を講じて迷惑メールを識別できるよう取り組んでいます。

このため、ヤフー本体では、ほぼ100%近く迷惑メールは迷惑メールフォルダーに排除されます。(たまに、必要なものも迷惑メールと判断されてしまうこともあります)

ヤフーでは、Outlookなどへの転送に「迷惑メール」を含めるかどうかの設定ができます!

Outlookなどの外部メールソフトへのメール転送については、「迷惑メールを含めた全てを転送するか、又は排除したものを転送するか」の設定ができるようになっています。

従って、冒頭のような悪質メールがOutlookの受信欄に多発している場合は、ヤフー側での設定が、「全てを転送する」に設定されています。

このため、こういった迷惑メールをOutlook側で受信しないためには、ヤフー側で設定変更する必要があります。

ヤフー側での「迷惑メールを転送しない」設定方法

以下の手順で進めば、わずか3ステップで設定が完了できます。

【設定手順】

1)まずOutlookで管理するヤフーメールアドレスと同じアドレスのヤフーメールをヤフーホームページの「ログイン画面」からログインしておく必要があります。

2)ヤフーメールを開いて右上にある「設定・利用規約」から設定できますが、簡単に目的を達成するために、次の「IMAP/POP/SMTPアクセスとメール転送」をクリックしてください!
IMAP/POP/SMTPアクセスとメール転送

すると次の「Yahoo!メールヘルプページ画面」がでます。

ここでは、「迷惑メールを転送しない方法」と、「[spam]と明記して転送する方法」の2方法のいずれかを設定できると説明されています。

3)ここで[設定ページ]をクリックすると設定画面「IMAP/POP/SMTPアクセスとメール転送」に直接誘導してくれます。

ここでは、既に、「迷惑メールを転送しない方法」での設定で必要事項が記入されています。

従って、このままで良ければ、画面右上にある「保存」を押せば完了です!

なお、「[spam]と明記して転送する方法」を設定したい場合は、訂正して、同様に「保存」を押せば完了です!

【「IMAP/POP/SMTPアクセスとメール転送」画面】

【補足】ここでは、次のような補足説明があります。

・「Yahoo!ダイレクトオファー」に自動的登録について

IMAP/POP/SMTPのいずれかを有効にし、他メールソフトで送受信した場合またはメール転送機能を利用した場合「Yahoo!ダイレクトオファー」に自動的に登録されます。

つまり、この設定をすると、Yahoo!ダイレクトオファー(ヤフーからの色々な広告も受け入れることへの要請)も自動設定されるということです。

・ヤフーのサーバーに転送後もメールを残す設定について

メールソフトやモバイル端末で受信したあとも、ウェブ版Yahoo!メールの [受信箱]フォルダーにメールを残したい場合は、メールソフトやモバイル端末を、サーバーにメールを残す設定にしてください。

つまり、Outlookでヤフーメールを受信した後もそれらのメールをヤフーメールの受信欄に残したければ、Outlook側で設定する必要があると明記しています。しかし、もともと設定されていればこの作業で特別Outlook側で再度設定は必要ありません。

参考:「Outlookが突然送受信できなくなった修復方法(ヤフーメール)

「迷惑メールは転送しない」設定をした場合の留意点

ヤフーでは、高性能の送付先認証システムなどを駆使して迷惑メールを仕分けますが、中には、アカウント名や文言で誤って迷惑メールと判断されるメールもあります。

従って、上述の「迷惑メールを除くメール転送」に設定した場合は、時々、ヤフー本体のメールボックスを開けて「迷惑メールフォルダー」をチェックする必要が生じます。

しかし、頻繁に詐欺メールに悩まされ、送り付けられたメールを見分ける手間や削除する手間を考えれば、やはり、設定すべきではないかと考えます。

なお、ヤフーの「迷惑メールフォルダー」内のメールは、1カ月(短くは設定変更は可能)が保留限度となっていますので、最低1か月に一度は点検された方がいいと思います。

更にパソコン導入セキュリティーソフトの迷惑メール対策も

さらに撃退強化のため、パソコン搭載のセキュリティーソフトの迷惑メール対策機能にある「ブロック設定」も併せて講じておきましょう!

私は、ソースネクストのセキュリティーソフトを利用していますので、迷惑メールの「ブロック設定」を合わせて行っています。

皆さまも、いずれかのセキュリティーソフトを利用されていると思われますので、そちらの「迷惑メール設定」も併せて設定することで、より強固な迷惑メール対策となります!。

ーーーーーーーーー 完 ーーーーーーーーー

参考「迷惑メール相談センター」

⦿「迷惑メール相談センター」のホームページ

○インターネット上での犯罪にあわれた方のご相談
警察庁・警視庁サイバー犯罪相談窓口(新しいタブで開きます)】(警察庁・警視庁)
警察庁・警視庁では、ネット上での詐欺や悪質商法、不正アクセス、インターネットオークションなどのサイバー犯罪の被害や、被害にあいそうになったときの相談を受け付けています。
緊急通報の場合は110番へ
具体的な被害の相談は、最寄りの警察署又はサイバー犯罪相談窓口へご連絡ください。

なお、実際に詐欺グループから実被害ないしは不安が高じた状況にある場合は、総務省から委託を受けて迷惑メールに対応している「迷惑メール相談センター」のホームページに従って、相談窓口を見つけて相談してください。

◎このセンターの主命題は、「不特定多数へ同意を得ずに送られる広告宣伝目的の迷惑メールの監視」なので、電話相談は、このことに関する相談のみに限定されているようで、その他の相談事は、他のページで窓口案内をしています。警察窓口などの案内もありますので調べて相談されてはいかがでしょうか?

⇒「その他の相談窓口

迷惑メール、サイバー攻撃対策にはソースネクストのセキュリティーソフトがおすすめ!

「セキュリティーソフト」は、高性能かつ年次更新料不要のソースネクストの「ZERO」がおすすめ!ユーザーに優しいソースネクストの社是が嬉しい!

もう20年以上のお付き合い。この間、私、妻、子供、実家等で何台のパソコンに導入しただろうか?
品質は勿論随一でありながら、一番うれしいのが、コストが全然気にならないことです!
品質はもちろん業界でも高性能で定評があり、何といっても嬉しいのが、ソースネクストの低価格奉仕の社是、ソフトの導入コストは他社ではマネができない低価格でありながら、何年使っても更新料はかからず維持コストは0円、信じられない会社のスタート時からのモットーです!
高性能かつ年次更新料不要で割安のソースネクストの「ZERO」がおすすめです!
継続料が不要で入れた端末が使える限り、守り続けます!世界5億台で利用される高性能セキュリティソフトが家庭用には心地良い!
■Windows/Mac/Android/iOSの4つのOSに完全対応
■ 一度インストールした端末で無期限で使える
■ 新しいOSがリリースされても追加費用無し、製品バージョンアップも無料
■ 期限切れ、更新料を気にせずウイルス対策ができる
■ AV-Comparatives プロダクト・オブ・ザ・イヤー 2017受賞(Windows)の高性能エンジン

下記の関連記事もご覧いただければ幸いです。