Outlookに詐欺メールが次々大量に入る場合の迷惑メール設定方法

お友達にも紹介してね!

Outlookに詐欺メールが大量に入る場合の迷惑設定の強化方法をご紹介します。

Outlookには、迷惑メールを判別して迷惑フォルダーに振り分ける機能や特定の送信者のドメインからのメールを受け付けない機能などがありますが、Outlookの識別機能だけでは限界があり、Outlookで管理するメールサーバー(例えばYahoo!メールを管理している場合は、Yahoo!サーバー)の識別機能で迷惑メールが除外されたメールのみをOutlookに送信する設定をしておくことが必要となります。

当記事では、Outlookでの迷惑設定方法とサーバーにおいて迷惑メールを除外したメールのみをOutlookに送信する設定方法をご紹介します。

迷惑メール

目 次

Ⅰ.Outlookに迷惑メールが大量に入るのは?

Outlookで迷惑メール設定しているにもかかわらず受信欄に迷惑メールが大量に受信される場合があります。

Outlookのメールソフトには、自動的に迷惑メールを判別して迷惑フォルダーに振り分ける「フォルダー機能」や特定の送信者のドメインからのメールを受け付けない「ブロック機能」、Microsoft社への「通報機能」などの迷惑メール設定機能がありますが、これら機能は汎用ソフトであるためOutlookの識別機能に限界があるためです。

従って、Outlookの迷惑設定を駆使しても、形を変えた迷惑メールへの排除には限界があるのです。

1.Outlookの迷惑設定機能には限界がある!

実は、Outlookは汎用ソフトであるため迷惑設定には識別機能に限界があります。

Outlookには各種の迷惑メールを識別し迷惑フォルダーに仕分けて受信欄に受け入れない設定ができますが、Outlookでの迷惑メール設定だけでは識別能力に限界があり一向に迷惑メールの受信が少なくならない場合があります。

2.Outlook受信欄に迷惑メールが大量に入る場合はサーバーでの迷惑メール除外設定が必要!

従って、Outlook受信欄に迷惑メールが大量に入る場合はサーバーでの迷惑メール除外設定が必要となります。

つまり、Outlookで管理するメールのサーバー方(がた)、例えばYahoo!メールを管理している場合は、Yahoo!サーバーでの識別機能により迷惑メールを除外したメールのみをOutlookに送信するよう設定することが必要です。



Ⅱ.Outlookに迷惑メールが大量に入る場合の迷惑メール設定の強化方法

以上から、Outlook受信欄に迷惑メールが大量に入る場合は、Outlookでの迷惑メール設定と同時にメールサーバー側での迷惑メール除外設定が必要となります。

以下、Outlookで管理するメールのサーバー側での識別除外した迷惑メールを除くメールのみをOutlookに送信する設定を行なう方法と、Outlookメールソフトで行なう迷惑設定方法をご紹介します。

1.メールサーバーでの除外設定方法(Yahoo!メールサーバーでの設定方法)
2.Outlookメールソフトでの迷惑メール設定方法

1.メールサーバーでの迷惑メール除外送信の設定方法

Yahoo!メールサーバーでは、「迷惑メールを排除したメールを転送する」、「迷惑メール対策」、「受信拒否」、「海外からのアクセス制限」、「メールソフトログイン履歴」などが設定できます。

今回は、Yahoo!メールサーバーでの「迷惑メールを排除したメールを転送する」設定方法をご紹介します。

Yahoo!メールサーバーには、送信元不明の迷惑メールを識別する高度な認証チェックシステムが備わり、迷惑メールを100%近く迷惑メールフォルダーにはじきます。

Outlook側がPop設定(Pop設定:メールがOutlook側にダウンロードされ基本的にはサーバーに保管されない設定)の場合、サ-バーで、迷惑メールを「排除したメールを転送する」の設定にしておかないと、「迷惑メールを含めた全てのメールを転送する」ことになり、Outlookの受信欄に迷惑メールを受け入れることになってしまいます。

このため、Outlookで迷惑メールの受信が多発している場合は、Outlook側の設定が、Pop設定になっており、かつ、サーバー側での設定が「全てを転送する」に設定されているものと考えられます。

従って、OutlookでPop設定している場合は、ヤフーサーバー側で「迷惑メールを排除したものを転送する」の設定に変更する必要があります。(通常は、そう設定されているので、その場合は、変更の必要はありません)

「迷惑メールを転送しない」設定手順

以下の手順で設定します。

1)Yahoo!メールサーバーにログイン

Outlookで管理するYahoo!のメールアドレス(アカウント)と同じアドレスでYahoo!メールサーバー(ヤフーページのメールボタン)の「ログイン画面」からログインします。

2)受信メール一覧の右上の「」をクリックし「設定画面」を開く
ログインして開いた受信メール一覧の右上にある「」(設定ボタン)をクリックすると、次の「設定画面」がとなります。
3)設定画面の下の「便利機能」欄の「IMAP/POP/SMTPアクセス」ボタンをクリックし「Outlookへ迷惑メールを転送しない方法」を選択する

設定画面を下にスクロールすると「便利機能」欄に「IMAP/POP/SMTPアクセス」ボタンがあり、これをクリックすると、右側に「IMAP/POP/SMTPアクセス」入力画面が出ます。

ここでは、「Outlookへ迷惑メールを転送しない方法」と、「Outlookへ[spam]と明記して転送する方法」のいずれかを選択することができます。

4)迷惑メールを転送しないため下記の画面の通りに設定する

ここでは、迷惑メールを転送しない方法にするため下記の画面の通りに設定します。

5)このままで良ければ、画面右下にある「保存」を押せば完了です!

なお、「[spam]と明記して転送する方法」を設定したい場合は、訂正して、同様に「保存」を押せば完了です!

但し、サーバーで迷惑メールと識別されたメールも、全て転送されるので煩わしくなると思います!

2.Outlookメールソフトでの迷惑メール対策強化方法

Outlookでの迷惑メール対策は、Pop設定とImap設定とでは、若干、対策の考え方に違いがあります。

「Imap設定」の場合

Outlookが「Imap設定」の場合、メール管理は、基本的にはサーバーが主体となり、Outlookは、サーバーとリンクしサーバーにリンクできるというものです。

サーバーでの迷惑メール対策の上にOutlookの迷惑メール対策が付加できるというものです。

「Pop設定」の場合

Outlookが「Pop設定」の場合、基本的には、サーバーから転送されたメールをOutlookが主体となってメール管理をするため、Outlook側でのしっかりした対策が必要になります。

何れにしても、両方で迷惑メール対策を強化すれば、Yahoo!メールサーバーをくぐり抜ける高度な迷惑メールにも対応できます。

Outlookでの迷惑メール対策には次の3方法があり、以下、順にご紹介します。

1)迷惑メールの振り分け機能を強化する設定
2)迷惑メールを「受信拒否リスト」に追加し個別にブロックする設定
3)海外からの迷惑メールをブロックするための設定

1)迷惑メールの振り分け機能を強化する設定

(1)Outlookの受信フォルダーを開き、画面上部の「ホーム」タブを選択し、メニューにある「迷惑メール」の「▼」をクリックする。
(2)下に選択項目が表示されるので、1番下の「迷惑メールのオプション」をクリックする。
(3)下記の「迷惑メールオプション画面」が表示されるので、「迷惑メールのオプション画面」で「高」を選択し迷惑メールを「迷惑メールフォルダー」に振り分ける設定をする。

[迷惑メールのオプション画面]

※通常は「低」でも良いのですが、詐欺メール受信が多発しているような場合は、「高」の方が効果が高いので、「高」を推奨します。

しかし、この場合、迷惑メールでないものも「迷惑メールフォルダー」に除外されてしまう可能性が高くなるので、しばらくの間は迷惑フォルダーのチェックが必要となります!(落ち着けば、「中」又は「低」に戻されれば良いと思います。)

これにより、高いレベルで迷惑メールを「迷惑メールフォルダー」に振り分けてくれます。

但し、最初は精度が低いので、しばらくは、次のメンテナンスが必要です。

「高」への設定後においてのメンテ

○「受信一覧」に迷惑メールがある場合

⇒その都度その迷惑メールを「迷惑メールフォルダー」に手動で移動させる。
すると、Outlookは学習効果で振り分ける精度を上げていきます。

○「迷惑フォルダー」に誤って除外されたメールがある場合

⇒そのメールのところで「受信拒否しない」をクリックするか、又は「迷惑メールのオプション画面」の「信頼できる差出人のリスト」タブをクリックし「追加」ボタンを押してメールアドレスを入れると次回から、迷惑メールに除外されないようになります。

2)迷惑メールを「受信拒否リスト」に追加しブロックする設定

1)と併せ、「受信したくない迷惑メールのメールアドレス」を「受信拒否リスト」に追加して、ブロックするための設定です。

(1)「迷惑メールのオプション画面」にある「受信拒否リスト」タブを選択し「追加」ボタンをクリックする。
(2)入力欄が出るので、そのメールアドレスや、「※@より前にある差出人名」等を入力して「OK」をクリックする。

※詐欺グループが「@より以下のアドレス」をランダムに変える無料システムを使っている可能性が高いからです。(なお、@以下を「追加」するドメインブロックは役にたちません!)

3)海外からの迷惑メールをブロックするための設定

海外からの詐欺グループが多発しているため「海外からの迷惑メールをまとめて除外する」の設定をして、海外からの迷惑メール対策も施しておきましょう!

(1)「迷惑メールのオプション画面」にある「インターナショナル」タブをクリックする。
(2)上段が「ブロックしたい国のドメインを選択」、下段では「ブロックしたい言語別エンコード方式を選択」のボタンが表記される。
(3)ブロックしたい国名にチェックを入れ「OK」をクリックすると、その国からのメール送信はブロックされる。

上段及び下段を選択して日本を除く国全てにチェックを入れると外国からのメールは全て拒否できます。

以上が、Outlook上で迷惑メールが多発している場合の「Outlook上における迷惑メール対策」です。

Ⅲ.最後に

Outlookには迷惑メールを識別し迷惑フォルダーに仕分ける設定ができますが、汎用ソフト故限界があり、一向に迷惑メール受信が少なくならない場合は、Outlookで管理するメールのサーバーにおいてサーバーの高度な認証チェックで排除された迷惑メールをOutlookに送信しない設定が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ーーーーーーー 完 ーーーーーーーー

関連記事