Outlook上で受けた詐欺Gからの迷惑メール攻撃を完全撃退!

「アウトルック(Outlook)上で詐欺Gの迷惑メール攻撃を受けた場合の撃退法」

うっかり開けたメールがもとで、詐欺グループから、名称を変え、アドレスを変え、件名を変え、集中豪雨のごとく、大金が入るからといった件名でメールを開けと言わんばかりに送り付けてくる迷惑メールを被っている方が大変多いのではないかと思います。

私は、先の記事(「アウトルック(Outlook)上で詐欺Gの迷惑メール攻撃を受けた場合の撃退法」)で私の撃退方法をご紹介しましたが、見事にシャットアウトできました。対策を講じた後のしばらくの間は、Outlookの「迷惑フォルダー」には詐欺グループからのメールが見受けられましたが、いつしかゼロとなりました。

私の場合はOutlook上での迷惑メール攻撃を撃退したものですが、基本的には他のメールソフトも同じです。

どうか、被害に遭っている方は、めげずに、私の「アウトルック(Outlook)上で詐欺Gの迷惑メール攻撃を受けた場合の撃退法」を参考に対処してください!

そこでも書いていますが、対策を講じた後の暫くは、

①受信メール(迷惑フォルダーにはじかれず)に入った迷惑メールを「迷惑メールのオプション(C)」を使って忍耐強く「受信拒否リスト」に登録する作業を繰り返す。

②併せて、同メールをお使いのセキュリティーソフトのオプションでブロックリストに追加することを続けていく。

(ソースネクストセキュリティーの場合)

これらの作業を続けていくと、それぞれのソフトで学習効果が上がりどんどん精度を上げ、相手がアドレスなどを変えて送り付けてきてもはじいてくれるようになります。

そしてしばらくすると迷惑フォルダーにも入いらなくなります。完全に撃退できたのです。

詳しくは、「アウトルック(Outlook)上で詐欺Gの迷惑メール攻撃を受けた場合の撃退法」をご覧ください!

なお、実際に詐欺グループから実被害ないしは不安が高じた状況にある場合は、総務省から委託を受けて迷惑メールに対応している「迷惑メール相談センター」のホームページに従って、相談窓口を見つけて相談してください。

⦿「迷惑メール相談センター」のホームページ

このセンターの主命題は、「不特定多数へ同意を得ずに送られる広告宣伝目的の迷惑メールの監視」なので、電話相談は、このことに関する相談のみに限定されているようで、その他の相談事は、他のページで窓口案内をしています。警察窓口などの案内もありますので調べて相談されてはいかがでしょうか?

⇒「その他の相談窓口

○インターネット上での犯罪にあわれた方のご相談
警察庁・警視庁サイバー犯罪相談窓口(新しいタブで開きます)】(警察庁・警視庁)
警察庁・警視庁では、ネット上での詐欺や悪質商法、不正アクセス、インターネットオークションなどのサイバー犯罪の被害や、被害にあいそうになったときの相談を受け付けています。
緊急通報の場合は110番へ
具体的な被害の相談は、最寄りの警察署又はサイバー犯罪相談窓口へご連絡ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク