Outlook|「パスワードを入力して下さい」を繰返す送受信不可の修復法!(リニュアル)

「パスワードを入力してください」の繰返しで受発信が不可に!

※当記事は、Outlookを主にヤフーメールの受発信管理の利用を想定しています!(他メールの場合でもほぼ同様なので参考になればと考えます)

Yahoo!メールを管理しているOutlookは、Yahoo!メールのパスワードを変更すればOutlookでもパスワード変更が必要です!
(Yahoo!メールでパスワードを変更すれば、Outlookでもパスワード変更設定が必要)

なお、パスワードを変更していないにもかかわらず、このエラーが出た場合は、「Outlookは時々突然パスワード要求繰返しの送受信不能になる!」を参考に対処願います!

目 次

Ⅰ.Outlookが「パスワードを入力してください」を繰り返し、メールの受発信ができなくなった!!

メールを見ようとOutlookを開くと、「パスワードを入力してください」と表示。そこで「Outlook設定時に使用したパスワード」を入力してもエラーを繰り返すばかり。

そこで、Yahoo!メールのパスワードを変更した為かもしれないと、「変更したヤフーメールのパスワード」を入力してもエラーとなってしまう。

一体、どうなってんの?

1.解決法は「Yahoo!ヘルプ」にあった、しかし、これがまた難解、非常にわかりづらい!

Yahoo!の「ヘルプ」を見てみると、「パスワードを変更した後、メールソフト/スマートフォンで送受信できない 」場合の解決法があった。

これだ!と思い、試みることにしました。

しかし、ヤフーの「ヘルプ」は、文章がアッチコッチ跳んでいて読み進むのは容易ではなく、二日がかりでようやく解決できました。

「ヤフーヘルプ」は、あらゆることを想定しているため、余分な文章やあちこちへの参照などで読み解くのに苦労します。

このため、同じ問題に直面された方が、作業し易くなるよう平易な手順書にしてみました。ご参考になれば幸いです。

2.解決方は、「Yahoo!メール(サーバー側)のパスワードを変更すれば、Outlookにも変更設定が必要となる」にあった

ヤフーメールのパスワードを変更すると、Outlookメールソフトでも、パスワード変更設定が必要になります。

Ⅱ.Outlookのパスワード変更手順

Yahoo!メールのパスワードを変更した場合、Outlookソフトの設定を変更する必要があります。

Outlookソフトのパスワード変更手順を、【Outlook2013】と【Outlook2019】とに分けてご紹介します。

1.「Outlook2013」でのパスワード変更手順

Outlookソフトでパスワード変更する方法は、[アカウントの設定]から行う方法と、「アカウントの追加」にょって行う方法があります。

パスワード変更だけなら、通常、[アカウントの設定]の方が、パスワードの変更入力だけで済むので簡単です。

しかし、万一、これによっても不具合が生じる場合は、他の原因も考えられるため、[アカウントの追加]によって、同じアカウントを再設定した上でパスワードの変更設定をやれば解決できます。若干、手間がかかりますが、先の[アカウントの設定]でうまくいかなければ、こちらの方法で解決できます。

A.[アカウント設定]からの変更手順

[アカウントの設定]タブから、当該メール「アカウントの変更」画面を開いてパスワード変更を行います。

変更手順は、以下の通です。

①Outlook 2013を起動する
②画面上部左隅のメニューバーの[ファイル]をクリックする 

Outlook受信トレイの左上にある「ファイル」をクリックする。

③画面[情報]にある[アカウント設定]を選択し「アカウント設定(A)」をクリックする

下図のアカウント設定をクリックするとアカウント設定(A)が表示されますので、そのアカウント設定(A)をクリックします。

④「アカウント設定」画面上にある該当のメールアカウントを選択し「変更」をクリックする

下図の「アカウント設定」画面に表示された利用中の電子メールアカウント(表示されていなければ、上にある「電子メール」タブをクリック)をクリックで選択した後、「変更(A)」をクリックする。

⑤「アカウントの変更」画面でパスワード変更を行う

下図の「アカウントの変更」画面が表示され、必要な変更が行える画面になります。

ここで、目的の「パスワード変更」を行います。

下方にある「メールサーバーへのログオン情報」の「パスワード(p)」の「・・・」を、ヤフーメールで変更したパスワードに訂正します。

次に、右にある「アカウント設定のテスト(T)」をクリックし、レ点てチェックを入れます。

そして、最下欄にある「次へ」をクリックします。

⑥「テストアカウント設定」画面に変わり、送受信の良否結果が出て、変更が適正に完了したことが確認できる

前画面最下欄の「次へ」をクリックすると、下の「テストアカウント設定」画面が現れ、変更手続きが適正に完了した結果が表示されます。

「受信メールサーバーへのログオン」及び「テスト電子メールメッセージの送信」のいずれも「完了」となれば「閉じる」をクリックする。

以上で「アカウント設定」におけるパスワード変更設定手続きは完了です。

以上を通じてもエラーが続く場合は、パスワードの変更以外の原因があるかも知れません。その際は、以下のB.「アカウントの追加」からの変更を試みてください!

B.[アカウント追加]からの変更手順

Outlookのパスワード変更は、[アカウントの追加]からも変更設定ができます。

なお、Yahoo!ヘルプでは、「自動セットアップ」と「手動セットアップ」の二通りの解決策を紹介していますが、私の場合、「自動セットアップ」では解決できなかったので、「手動セットアップ」での解決法をご紹介します 

「手動セットアップ」によるパスワード変更手続き

①Outlook 2013を起動します。
②画面上部左隅の[ファイル]をクリックします。③表示された画面で[情報]→[アカウントの追加]を選択します。

④下方にある「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」に●チェックを入れて、[次へ]をクリックする。

⑤一番下の「POPまたはIMAP」にチェックを入れて、[次へ]をクリックする。

⑥「アカウントの追加」画面で、以下の入力情報を参考にして各項目を入力する。

ここでは、「受信「POP」/送信「SMTP」の場合の入力情報を示しています。

なお、「受信「IMAP」/送信「SMTP」の場合の入力情報は、
・「アカウントの種類」は、「IMAP」を選択する。
・「受信メールサーバー(I)」は「imap.mail.yahoo.co.jp」を入力する。
・「送信メール(SMTP)(O)」は「smtp.mail.yahoo.co.jp」を入力する。
その他の項目は、上記と同じ。

各項目の入力が終われば、右下にある[詳細設定]をクリックします。

⑦「インターネット電子メール設定」画面が出れば、「送信サーバー」タブをクリック⇒「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れ、その下の「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」に●のチェックを入れる

⑧同じ「インターネット電子メール設定」ウィンドウにある[詳細設定]タブをクリックし、以下の情報を入力します。

ここでは、「受信「POP」/送信「SMTP」の場合の入力情報を示しています。

受信「IMAP」/送信「SMTP」の場合は、受信サーバー(IMAP)に「993」を入力してください。

「受信「POP」/送信「SMTP」の場合 受信「IMAP」/送信「SMTP」の場合
受信サーバー(POP3):995 受信サーバー(IMAP):993
送信サーバー(SMTP):465 送信サーバー(SMTP):465
使用する暗号化接続の種類:SSL 同左
サーバーにメッセージのコピーを置くにチェックを入れる。
残したくない場合はチェックを外してください。但し、ヤフーメールボックスには表記されなくなります!

※下の「ヤフーヘルプからの注意!」を参照

同左

入力が完了すれば、下の「OK」をクリックする。

⑨「アカウントの変更」画面に戻り、入力内容が表示されます。ここで「次へ」をクリックする。

⑩すると、「テストアカウント設定」画面が出て、今までの入力で通信が可能になったかどうかの通信テストが行われて結果が出ます。

「すべてのテストが完了しました」の表示がでれば、「閉じる」ボタンをクリックする

⑪「アカウントの変更」画面がでて「すべて完了しました」がでれば、下の「完了」ボタンをクリックして設定終了

以上で追加設定が完了です。
もし万一「サーバーに接続できません」と表示されても、一旦終了しパソコンを再起動させればOutlookは使用可能になっているはずです。

2.「Outlook2019」でのパスワード変更手順

Outlookソフトでパスワード変更する方法は、[アカウントの設定]から行う方法と、「アカウントの追加」にょって行う方法があります。

パスワード変更だけなら、通常、[アカウントの設定]の方が、パスワードの変更入力だけで済むので簡単です。

しかし、万一、これによっても不具合が生じる場合は、他の原因も考えられるため、[アカウントの追加]によって、同じアカウントを再設定した上でパスワードの変更設定をやれば解決できます。若干、手間がかかりますが、先の[アカウントの設定]でうまくいかなければ、こちらの方法で解決できます。

A.[アカウント設定]からの変更手順

①Outlook 2019を起動する
②画面上部左隅のメニューバーの[ファイル]をクリックする 

Outlook受信トレイの左上にある「ファイル」をクリックする。

③画面[情報]にある「アカウント情報」画面の[アカウントの設定]タブをクリックする

④次に、「プロファイルの管理(o)」タブをクリックする

⑤「メール設定」画面の「電子メールアカウント(e)」をクリックする

⑥「アカウント設定」画面にある電子メールアカウント一覧から該当する電子メールアカウントをクリックで選択し、「変更(a)」をくりっくする。

⑦「アカウントの変更」画面にある「パスワード(p)」のパスワードを変更する

パスワードを変更した後、右側にある「アカウント設定のテスト(T)」にある「[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする」の□をクリックしてレ点チェックを入れる。

最後に、最下欄にある「次へ」をクリックする。

⑧「テストアカウント設定」画面で受信、送信が適正に行われたかが確認できる

「次へ」をクリックすると、下図のように、受信、送信ともに完了と表記され、パスワード変更によりOutlookの送受信が正常に作動したことが確認できます。

以上でパスワード変更設定手続きは完了です。

なお、万一、エラーとなった場合は、誤記入がなかったかを確認して、再度挑戦してください!また、エラーとなっても、一旦終了しパソコンを再起動させればOutlookは使用可能になっていることが多くあります。

以上を通じてもエラーが続く場合は、パスワードの変更以外の原因があるかも知れません。その際は、以下のB.「アカウントの追加」からの変更を試みてください!

B.[アカウント追加]からの変更手順

[アカウントの追加]からも変更設定は、上述のOutlook2013のB.「アカウント追加」からの変更手順を参考に願います。

Ⅲ.最後に

Outlookが「パスワードを入力してください」と言うので、パスワードを入力しても、再度、「パスワードを入力してください」と繰り返し、送受信ができなくなることがあります。

原因は、Outlookで管理しているメールのサーバー側(例えばYahoo!メールなど)でメールのパスワードを変更すると、Outlook側でもパスワードの変更設定が必要になります。

Outlookでのパスワード変更設定は、非常に簡単ですが、Yahoo!ヘルプに従って作業するのは、慣れない方にはややこしく感じます。

当記事では、そのため、パスワード変更手続きに絞ってご紹介しました。

また、パスワード変更だけでは解決できない場合に備えて、新たにアカウントを追加して対応できる方法もご紹介しました。

万一、パスワード変更だけで解決できなかった場合は、お試し下さい。

なお、パスワードを変更していないにもかかわらず、このエラーが出た場合は、「Outlookは時々突然パスワード要求繰返しの送受信不能になる!」を参考に対処願います!

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーー 完 ーーーーーーーーーー

主要セキュリティソフト

○セキュリティソフト一覧(Windows用)

セキュリティソフト 価格 優位点
ESET セキュリティソフト 5台で7,380円 性能及び軽さ
カスペルスキー セキュリティ 5台で9,280円 性能
ノートン 360 3台で14,480円 性能
ウイルスバスター クラウド 3台で13,580円 使いやすい
マカフィー リブセーフ 無制限で8,480円 サポート期間が長い
アバスト プレミアム セキュリティ 1年、10台で3,740円 ユーザーが多い
ZERO スーパーセキュリティ 3台で6,480円
更新0円
高性能で更新料0円
ZERO ウイルスセキュリティ 1台で2,552円
更新0円
性能はやや低いが更新料0円

○各ソフトの優位性比較

①性能(マルウェア、ランサムウェア、フィッシング、迷惑メール対策)が優秀なのは、カスペルスキー、マカフィー、ZEROスーパーセキュリティ、アバスト

②動作の軽さは、セキュリティソフト間で大差はない。

価格面の優位性でいうと、なんと言っても更新料0円(パソコンを買い替えてもライセンスを引き継げる)のZERO ウイルスセキュリティ。ただし、価格に加え、性能を考慮すると、ZERO スーパーセキュリティが優位。
但し、PCやタブレットを何台も所持している場合は、台数に関係ないマカフィーセキュリティや、カスペルスキーが優位となります

○おすすめセキュリティソフト

「セキュリティーソフト」は、高性能かつ年次更新料不要のソースネクストの「ZERO」がおすすめ!ユーザーに優しいソースネクストの社是が嬉しい!

もう20年以上のお付き合い。
品質は勿論随一でありながら、一番うれしいのが、コストが全然気にならないことです!
他社ではマネができない低価格で、何年使っても更新料はかからず維持コストは0円、信じられないソースネクストのスタート時からのモットーです!
■Windows/Mac/Android/iOSの4つのOSに完全対応
■ 一度インストールした端末で無期限で使える
■ 新しいOSがリリースされても追加費用無し、製品バージョンアップも無料
■ 期限切れ、更新料を気にせずウイルス対策ができる
■ AV-Comparatives プロダクト・オブ・ザ・イヤー 2017受賞(Windows)の高性能エンジン

ZERO スーパーセキュリティ ZERO ウイルスセキュリティ
特徴

ソースネクスト|SOURCENEXT ZERO スーパーセキュリティ 3台用 [Win・Mac・Android・iOS用][セキュリティソフトzero]

価格:6,480円
(2022/3/21 17:01時点)

ZEROウイルスセキュリティ 更新料無料のセキュリティソフト 274720【ソースネクスト】

価格:2,552円
(2022/3/21 17:07時点)

・高い性能
毎年の更新料が0円
・毎年の更新料が0円
価格が安い
価格 ・価格6,480円(3台 更新料0円)
対応OSWin,Mac,Android,iOS
・価格2,552円(1台 更新料0円)
対応OSWin,Mac,Android,iOS
詳細なレビュー記事はこちら 詳細なレビュー記事はこちら
購入 ダウンロードはこちら ダウンロードはこちら

補足

ソースネクスの「いい製品を使い安い価格で提供したい」が嬉しい

特に、年次更新料不要のセキュリティーソフト「ZERO」には大いに満足しています。

十数年前から家族(妻、子、親等)で購入したパソコンやタブレットなど5台全てに「ZERO」を導入しています。振り返えれば、年次更新料が必要な他社のセキュリティーソフトを使っていた場合に比べて数十万円相当の経費が助かったと考えています。

品質が業界随一でありながら更新料が一切かからない 「ZERO」は、維持コストが全然気にせず使えるののが嬉しいですね!

※15年間、家族含めてパソコンやタブレットの使用台数は少なくとも年平均5台位、5年おきに買い替えたとして支払った代金は、累計で4万円位。
もし、他社ソフトを使用していたら年次更新費だけでも5台×3千円×15年で累計22万円にもなり、初期導入費を入れるとおおそ30万円近くはかかったと考えられます。