知らない電話番号にはすぐ出ない・折り返えさない!まずチェックを!

電話を使った特殊詐欺、アポ電強盗等が横行、知らない電話は要警戒!登録者以外拒否の設定を!

知らない電話番号から電話がかかってきた時あなたはどうしますか?

家の電話や携帯に知らない番号の電話がかかってきたら、あなたはどうしますか?直ぐに出ますか?着信履歴があった場合、直ぐに折り返しますか?

非通知で掛かってきた場合は、さすがに出ない方が多いと思われますが、知らない電話番号の場合は、「誰だろう、間違い電話か、ひょっとしたら大切な要件の電話かもしれない」などと考えて出られる方が多いのではないかと思われます?

実は、知らない電話に出たり、折り返すことは大変リスクがあることなのです!

電話を使った悪徳商法・特殊詐欺が横行!

しかし昨今、電話を使った悪徳商法やなりすましや各種特殊詐欺が横行しており、知らない電話に出ることはリスクが大きくなっています。

固定電話や090、080などで始まる電話の場合は電話使用者が特定できると安心してしまいがちですが、不正な手段で入手した携帯や電話番号を使って「なりすまし特殊詐欺」や強引な勧誘・脅し等が横行しています。

知らない電話番号の場合は、ひとまず「出ない、折り返さない」が鉄則

従って、知らない電話番号からの電話や着信履歴にあった場合、直ぐに電話に出たり折り返しすることは厄介な問題に引きずり込まれる可能性が高く非常に危険なことなのです。

必要な要件であれば必ず再度電話を掛けてくれるはずですから、取り敢えずは直ぐに出たり折り返さないようにすることが肝要です。

そして、その「知らない電話番号」の正体について調べましょう!

知らない電話番号について「電話検索等」でどのような相手なのか調べましょう!

電話番号については、いろいろな方法で調べることができます。

次のような方法で電話番号の所有者が誰かを調べましょう!

(1)インターネットの検索で電話番号を入力して当該電話に関する情報を調べる

大抵、関係する商店や銀行、公共機関などであれば確認できるし、如何わしい相手先(迷惑電話、詐欺電話など)であれば、注意を促す案内記事が出ているはずです。

(2)各種電話検索サイトを使って電話番号を入力して相手先情報を調べる

「電話ナビ」など各種電話検索サイトがありますので「電話検索サイト」を検索して適当なサイトを使って検索すれば、ある程度如何わしいかそうでないかのチェックができます。

各種検索サイト⇒「電話ナビ」、「電話番号から検索 japan-post」等々

調べた結果、電話の主が不明であれば折り返しは禁物です!

役所や銀行、取引先、商店等であれば必ず検索で確認できます。

従って、確認できない場合は、個人か、如何わしい相手先のいずれかと考えられます。

個人が知人等で必要な要件があれば再度何らかの形で連絡があるはずですから、あわてて知らない電話番号に連絡をとる必要は無いものと考えます。

従って、検索しても相手先が不明であれば無視して決して折り返しの確認電話はしないようにしましょう!

電話機対策:「電話番号拒否」と「登録外着信拒否」の設定をしよう!

なお、このような知らない番号から電話が度々あるようでしたら、電話に受信拒否の設定をしておくことをおすすめします。

着信拒否を設定するには、「端末で設定する方法」、「電話会社のサービスを利用して設定する方法」、「専用アプリをインストールして設定する方法」の3つの方法があります。

(1)端末で設定する方法

最も便利な方法ですが、キャリア(電話事業会社)や電話機の機種によってできない場合があります。可能かどうかご自分の端末でご確認ください。

なお、iPhoneは基本的にキャリアに関わらず可能です。

できる「androidスマホの場合」は、以下のような手順となります。

Android端末で電話着信拒否設定の手順

機種等により若干表示等は異なりますがほぼ次の様な手順となります。

ホーム画面上にある「通話アイコン」をタップ⇒右上にある点3つアイコン「メニュー」をタップ⇒「設定」をタップ⇒「番号指定拒否」をタップし「着信拒否」をオンにする。 ⇒「拒否する着信の種類:①電話帳登録外からの着信②非通知の着信➂公衆電話からの着信④通知不可能な着信」の中から拒否したい番号を入力(オンにする)「+」をタップで設定完了。解除するには解除したい設定のみをオフする。

(2)電話会社のサービスを利用して設定する方法

各キャリアのサービス利用方法の概略は次の通りです。

◎NTTドコモは「迷惑電話ストップサービス」を利用します。利用方法は次の2通り。

(1)「dメニュー」⇒My docomo(お客様サポート)⇒設定(メール等)⇒迷惑電話ストップサービスを選択⇒拒否設定方法を選択していく。

(2)「144」にダイヤルすることでも本サービスを利用できます。詳しくはドコモ公式サイトを参照してください

◎Auは「迷惑電話撃退サービス」を利用します。auお客さまサポートから申し込みが必要で月額100円が必要。迷惑電話の着信後に「1442」にダイヤルすると、拒否登録できます。非通知も登録可能で登録可能件数は機種によって10件~30件。

◎ソフトバンクは、「ナンバーブロック」を利用します。My Soft Bankからの申し込みが必要で月額100円が必要。利用するには、申し込み後に「144」にダイヤルし、音声ガイダンスに従って操作します。

◎MVNO(格安スマホ)はドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアの回線を利用していますから、着信拒否設定も利用している回線に依存。ドコモ回線なら「迷惑電話ストップサービス」、auなら「迷惑電話撃退サービス」、ソフトバンクなら「ナンバーブロック」のサービスを利用することになります。

(3)専用アプリをインストールして設定する方法

専用アプリをインストールして設定する方法は、キャリアや機種に関わらず設定できるので最も簡単で便利だと考えます。

しかしながら、「非通知拒否」や「個別指定拒否」は殆どの専用アプリで設定可能ですが、一番必要な「登録外拒否」設定が可能な専用アプリはなかなか見当たりません。

android用アプリで評価の高いものに、「Calls Blacklist」「Whoscall」、「CallFilter」などがありますが、「登録外拒否」ができるのは、「Whoscall」だけの様です。

従って、ここでは、「Whoscall」での設定方法をご紹介します。

「Whoscall」アプリを使った着信拒否設定の手順

Googleplayから「Whoscall」アプリを「インストール」してアプリを「開く」⇒左上の「三」アイコンをクリック⇒1番上の「拒否リスト」をクリック⇒「電話番号ブロック」画面で表示された項目でブロックしたい項目(「非表示番号をブロック」「電話帳に無い番号を拒否」「国際電話をブロック」等)を「オン」にする。⇒「+」をクリックして設定完了。解除はここで「オフ」にする。

被害に直面したら国民生活センター、消費者生活センターへ迷わず相談しよう!

いま好評の楽天モバイル!

■番号乗り換えも可能
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます。

■契約期間の縛りなし
最低利用期間がなく、解約時にも契約解除料はかかりません。スマホのSIMロックもありません。

■通話かけ放題
Rakuten Linkアプリご利用で、無料で国内通話かけ放題、SMSも使い放題です。

■料金プラン
★★先着300万名対象でプラン料金一年無料★★

楽天回線エリアなら完全データ使い放題で月額2,980円(税抜)。
※パートナー基地局に接続時はデータ容量2GB/月

海外66の国と地域でも無料で月2GBまで使えます。
※パートナーエリア、海外66の国と地域の容量は使い切ってもチャージ可能。翌月のデータ繰り越しはありません。

■楽天のサービスだから超お得!
楽天モバイル契約で楽天でのお買い物でもらえるポイントが+1倍!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35FNTY+462SA+399O+5YZ77



下記の関連記事もご覧いただければ幸いです。

防犯対策

迷惑メール対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク