石田純一容体「アビガンの副作用で血管が詰まりやすい」は正確報道か?

今朝の報知新聞は、「コロナ感染者石田純一氏がアビガンの副作用で血管が詰まりやすくサラサラ治療を受けていると所属事務所が説明」と報じた。コロナが血流を悪くすると言われる中、どうしてアビガンの副作用と言い切るのか疑問。報道の取り上げ方にも疑問!

NO IMAGE

留守宅防犯|家庭用防犯カメラに必要な要件と枠組み(選び方・基準)

機能などに専門用語が多様され数多くある防犯カメラの中から、自家に適切な防犯カメラを選ぶのは至難の技です。一般家庭での防犯カメラの最大使命は抑止力効果であるため必要な要件等は一定基準を満たせば十分。防犯カメラ選ぶ要件等を整理しました。

NO IMAGE

留守宅防犯|家庭用防犯カメラ(室外用:防滴)の選ぶポイント留意点

防犯カメラは留守時の空き巣防犯対策上で必需品となっていますが、在宅時の装い強盗や特殊詐欺などの防犯対策にも欠かせなくなってます。家庭用防犯カメラの最大の役割は抑止機能にあります。スマホ対応でき手ごろ価格の防犯カメラを設置しましょう!

米国、非常事態でレムデシビル異例の超速承認、遅い日本の承認作業!

アメリカがレムデシビルをコロナ治療薬として承認する異例の速さは、病魔と闘い命が失われていく中で人命第一の英断と考える。治療薬の存在こそ世界に動きを復活させる最短の道であり、日本もアビガン承認を枠に囚われぬスピード感を期待したい

NO IMAGE

アビガンの副作用、誤解を招くテレビ報道の表記と説明不足!

アビガンの副作用は、妊娠に関わる一定期期間の服用への警告であり、その期間注意すれば(無害である?)との承認時の記載に対して、昨日のレムデシビルとの比較報道でアビガンの副作用をそのことに触れず大きく取り上げているのは誤解を植え付けかねないと感じる。

NO IMAGE

コロナで亡くなられた方はアビガン投与が受けられたのかと、ふと思う

岡江さんの訃報を聞いて、アビガンの投与を受けることができたのかと、ふと思います。かたや、アビガンで急回復したという朗報が相次いでいるからです。岡江さんの病院名を調べたが不明。限られた臨床指定病院でなければ受けられないので確認が重要ですね!

NO IMAGE

アビガンの投与が受けられる病院で助かった報が続く、病院選びが大事?

アビガン投与でコロナ感染者の急回復事例が数多く報告されている中で、アビガン投与を受けられる病院は、厚労省により限定されている。このため、苦しみの中で希望してもアビガン治療が受けられない患者が気の毒。早急に指定病院の拡大を厚労省に期待したい

NO IMAGE

早まる正式承認に備えアビガンの増産に拍車、巨大需要に応える準備着々!

国内ではアビガンの臨床が進められているが、臨床での好結果情報を受けて投与希望者が急増すれば、治験データーが早く整い承認が早まるのではと期待したい。富士フイルムも生産増強体制を強力に進めており、アビガンが早晩日本を救うのではと期待している。

NO IMAGE

アビガンのコロナ治療に効果ありの投稿多数、正式承認早まるか?

各地でアビガン治験投与による効果発現の投稿や情報が発出され始めた、これにより、投与希望者が急増すれば、アビガンがコロナ治療薬として正式承認される時期が早まることが期待できます。早まればコロナの早期終息も期待できるようになるのではないか?

NO IMAGE

アメリカ、抗体検査承認を急ぎ大規模実施に意気込み!早期発見が第一!

欧米が抗体検査の重要性を強く認識して局面打開に向けての大規模実施に躍起になっているにも関わらず、日本は緊急事態宣言発動で感染者数および死者数が増加の一途にある中で、抗体検査の重要性論議と政府の実施に向けた強い意志表示が見えて来ないのが気がかり。

NO IMAGE

コロナの蔓延でも縛りに拘る厚労省、治療薬承認と検査の遅れの根源か?

3密封鎖で終息を図ることは絶対必要。同時に、世界で死者が日に1万人を超える惨状では、一刻も早く早期発見と早期治療の体制づくりが急務。この非常事態に専門官の知見で非常事態対応が遅れることは、国家存亡の危機に対応すべく政府の機能をなしていないに等しい。

NO IMAGE

アビガンが足りない!世界の感染者数の増加に間に合わない、生産急げ!

新型コロナの世界の感染者数が150万人突破とのこと、この勢いで感染が広まればアビガンが正式承認される頃にはアビガンの供給が間に合わなくなるのは間違いありません。正式承認を待たず大規模な政府備蓄をはかるため、大増産の号令をかけるべきです。

NO IMAGE

首相のアビガン情報で投与希望者が増え承認早まる可能性大!

首相の危機宣言の中でアビガンが治験で新型肺炎の効果ありの報告をうけていると言及されたことは、投与希望者が増えて治験データ収集が早まり正式承認が早まることが期待できる。正式承認が早まれば、直せるコロナとして世界の混乱の終息に繋がると思われる。

NO IMAGE

塩野義導入予定のコロナ抗体検査キットの早期波及が日本を救う!

新型コロナの早期終焉には、早期発見、早期治療、早期治癒による感染者数の抑制が急務!そのためには、抗体検査の早期大量実施が急がれる!塩野義の業務提携による抗体検査国内大量実施で早期発見早期治療などによるコロナ終息への貢献を期待したい。

NO IMAGE

アビガン正式承認待たずドイツ大量購入決定、人命第一が優先した決断!(7)

ドイツは、日本でのアビガンの正式承認を待たずにアビガンの大量購入を決定した。これは人命第一が優先した決断であり、当のアビガンの生みの親である我が国において、苦しむ感染者の急増にもかかわらず承認申請を企業任せではいかがなものかと思う。

感染者急増で一刻も早いコロナ治療薬が待たれる中遅い承認手続き(6)

上 昌広氏は「すでに治療薬として承認されているアビガンが、中国でもコロナ治療薬としての有効性が実証されており、世界各国の医師からも治療の有効性で評価を得ており、感染者や死者の急増の中で救える命を考えると厚生省による承認審査を速めるための全力投球を求めたい」と指摘。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク