ふるさと納税|給与・年金収入者、自営業者の「控除限度額」早見表

ふるさと納税は、節税効果が大きく他の負担軽減にも繋がり、且つ実質2000円で返戻品が貰える為、今年の所得総額が見える年末に「控除限度額」を見据えた利用が活発になります。給与・年金収入者や自営業者が簡単に限度額を把握できる早見表を整理しました

年末の株式取引は、損出し・益出しで節税と資産改善を図るビッグチャンス(リニュアル)

年末の株式取引は、損出し、益出しによる節税と持ち株改善のビッグチャンス。税負担の大きい株式投資では、年末取引で、それまでの運用状況に即した含み損や含み益の損出し・益出しにより節税効果を最大にし、持ち株の購入単価引き下げることが大変重要となる。

株式取引等譲渡所得の年末節税対策に欠かせない損出し、益出し手法(リニュアル)

株式取引(譲渡所得)には大きな税負担が伴い、住民税等の負担増にも繋がりかねない。このため、節税対策、特に、年末の運用状況に対応した対策が極めて重要で、含み損や含み益を活用した「損出し」、「益出し」による利益圧縮や持ち株入れ替えが極めて重要です。

年末節税対策|年末にできる節税対策と大きい節税効果(リニュアル)

節税に最も重要な年末のこの期間は、今年度の所得税、住民税の節税だけでなく来年の住民税の軽減とそれに連動する介護保険料や行政サービス負担の軽減や給付の増大に繋がります。特に、株式等譲渡所得税の節減とふるさと納税活用は見逃せない重要施策です!

低位株カイオム推奨理由②|開発創薬1つ実れば高収益企業に一変!

低位株の抗体医薬カイオムは今が仕込み場!カイオムの導出社とのライセンス契約では、上市以降の販売ロイヤリティーを含めず、上市迄の収入総額が100億円近くとある。パイプライン1本のリターンは膨大。11本の内、1本の開花で会社の業態は一変する。

低位株カイオム推奨理由①11本もの抗体創薬開発が開花に向け進展中!

低位株の抗体医薬開発カイオムは、創薬には最低10年はかかるものであり、その研究費を創薬支援で得てきたが不十分で赤字が続いている。しかし、カイオムは現在パイプラインを11本も開発進行しておりいずれも収穫が近い為、今がカイオムの買い場と考えます。

低位株お宝探し①|銘柄選びは会社を良く知り小額長期投資を基本に!

低位株の魅力は小額で投資ができ人気化すると一方通行の値上がりが期待できることです。環境悪化で主流株が急落する場合でも底堅い銘柄が多いのでリスクヘッジ効果も期待できる。但し、自ら企業実態を良く知って銘柄を厳選し、底値広いと小額長期投資が基本。

アビガン、中国輸出に向け現地企業と提携、重症患者向けも共同開発へ!

富士フイルムは世界のコロナ感染救済に向けアビガンの販路拡大に着手。まずは、年初からのコロナ対応でアビガンの有効性を確認し既に現地企業によるアビガン後発薬の生産販売が行われている中国の現地企業と販売・開発で提携。世界への販路拡充第一歩!

仮説、アビガンは新型コロナ以外のインフルエンザにも有効治療薬か?

タミフル等はノイラミニダーゼ酵素の働きを抑えてウイルスの増殖を防ぐが、新型コロナはそれを持っていないため術がないのですが、アビガンは全てのウイルスが持つRNAポリメラーゼ酵素の働きを阻害して増殖を防ぐ為、他のインフルにも有効ではないか(仮説)?

アビガン治療薬申請で11月にも世界のコロナ禍鎮静化が大きく前進へ!

アビガンの承認が待たれる中、世界では1日30万人を超える新規感染者が発生し未だ終息の兆しが見えず人々・経済はコロナ禍に苛まれている。一刻も早く新規感染治療薬のアビガンが承認され治療実証が進めばコロナ禍は飛躍的に鎮静化へ進むと期待したい!

楽天を騙る詐欺メール雛型一覧と一目で詐欺と見破る特徴とポイント

不正入手した顧客情報をもとに横行している楽天騙る詐欺メールは、体裁をいろいろ変えて送り付けますが、使用される語句等は限られており、使用される語句等を把握すれば瞬時に見分けられます。見分けるポイントを整理してみましたのでご参考に願います。