留守一覧

お盆の帰省や旅行前に留守時の空き巣対策は大丈夫?(リニュアル)

お盆の帰省や旅行を楽しく過ごす為には、留守中の空き巣対策を万全にすることが必要です。留守を覚られない工夫がもっとも重要です。また、空き巣に対する抑止力を高める対策が必要です。時間がなければ防犯カメラの設置だけはしておくことをおすすめします!

防犯カメラ|自分で設置する屋外用防犯カメラの選び方と設置方法(リニュアル)

防犯カメラは、空き巣や押し込み等対策に欠かせない必需品です。防犯カメラの種類が多いですが、家庭用防犯カメラの最大使命は「抑止力」にあるので、高性能というより死角なき配置が重要。防犯カメラの選び方をご紹介しますのでご自分で設置に挑戦されては?

留守宅防犯|空き巣は留守宅をどのようにして見つけるかご存じですか?(リニュアル)

空き巣は、留守宅を見つけるために郵便受けの状態や夜の外灯や部屋の灯り、日中の雨戸の状態、ドアホンの反応状況などを入念に下見をして留守を確認しています。従って、空き巣に狙われないためには、留守を覚られない工夫、対策が重要となります。

留守宅防犯|避難勧告等での留守を狙う空き巣に注意と対策!(リニュアル)

風水害による避難勧告で地域一帯が家を留守にする状況では、警察等の防犯体制も手薄になるため、家やコンビニは空き巣の狙い目になります。従って、平時の留守対策以上に「侵入する気にさせない」「侵入を困難にさせる」「被害を極力小さくする」等の工夫が必要。

留守防犯|庭の落ち葉・倒れた自転車の放置は空き巣が留守を悟る材料に!(リニュアル)

空き巣は、家の門前付近の道路や玄関ドアに至る通路に落ち葉などが散乱、又、自転車などが風で倒れたまま何日間も放置されていると留守を悟るキッカケになります。長期に家を留守にする時は落ち葉や自転車の転倒などが生じない留意しましょう。

NO IMAGE

旅行などで家を留守にする時は最低限まず防犯カメラを設置しましょう!

二日以上家を空けて留守にする場合は、何はさておき、表通りから見える位置に防犯カメラを2台は設置することをお薦めします。他の防犯対策が不十分でも防犯カメラがカバーしてくれる可能性は大です。防犯カメラは、スマホ対応できるものにしましょう。