留守宅防犯|今の雨戸で空き巣の浸入を5分以上阻止できますか?(リニュアル)

空き巣は、他に適当な侵入口がない場合、周りから死角になる一にあったり横板などで身を隠せる位置にあったりするる雨戸を狙います。このため、雨戸が簡単に外されないよう措置を講じ、また、雨戸に向けて防犯カメラなどを設置して抑止力を高めましょう。

留守宅防犯|ベビー型ネットワークカメラは防犯カメラとしても重宝(リニュアル)

「ベビー型ネットワークカメラ」は、庇さえあれば室外の防犯カメラとしても使えて重宝。スマホ遠隔操作で全方向に向きを変え見渡せるので状況チェックに便利。スマホから写真、動画がスイッチ操作可能であり、音を拾ったり発声も可能。強力な防犯機器です。

留守宅防犯|防犯対策にインターホン(ドアホン)のスマホ対応は必須要件!(リニュアル)

留守時の防犯対策に欠かせない対策の一つは、空き巣が留守確認に利用する「インターホン」を、外出先でも「携帯電話」で応対できるようにすることです。外出先でも「スマホ」対応できれば空き巣に留守を悟られずに済み空き巣の侵入を防ぐことができます。

年末年始防犯|あき巣・強盗、放火等の防犯対策チェックリスト(リニュアル)

年末年始は、例年、空き巣や強盗などの窃盗被害や、オレオレ詐欺などの特殊詐欺、アポなし訪問営業や押し込み強盗などが多発します。留守時の空き巣対策や特殊詐欺の電話対策、アポなし訪問者への対応など今一度防犯対策のチェックしておきましょう。