ADSL乗り換え、光回線かWiMAXかの選択は固定電話の必要性に(リニュアル)

ADSL回線が終了間近で、代替として何を選べばいいか、お悩みの方も多いのではないでしょうか?

料金の問題、サービス(メールアドレスや電話サービスなど)がどうなるのか、どう手続きをすればいいかわかりにくくて心配ですよね。

ADSL各社の終了時期

ADSLはNTTの電話アナログ回線を利用したインターネットサービスですが、NTTのアナログ回線は24年に廃止され光回線に切り替えられることになっているため使えなくなります。

アナログ回線とは、アナログ信号によって通信する電話回線です。 電話機を銅線(メタル線)でつなぎ、通話の音声をそのまま銅線にのせて伝えます。

このため、NTTフレッツ、アッカ 、Yahoo!BB のADSL3社の新規契約は既にストップされております。

従って、ADSL利用者はそれまでに何らかの対応が必要になっています。(既に7割近くが対応済みとのことです)

ADSLは、コストも高く速度も見劣りするため、できれば早く適切なものへ乗換えたいですよね。

NTTの固定電話(アナログ回線)はどうなる?
⇒IP電話(光回線)として使える様になる

アナログ回線を使った「固定電話」は、光回線を使ったIP電話(インターネットに接続して音声を届ける通話方法)として引き続き利用できます。

もちろん電話番号は変わらず、利用料もほぼ現行のまま(月額契約料は同額、3分当たりの通話料は従来の距離制から全国同一単価となる)です。

しかし、この場合、当然ADSLが使えなくなっているのでインターネット環境はなくなっています。

NTTでもオプション等で光回線でインターネット環境が使えるようになると思いますが、そうなればNTT光フレッツと変わらない形になると思われます。

現在の固定電話の電話番号・機能は光回線のオプションである光電話とほぼ同一です!

光回線のオプションである光電話は、月額500円程度で、固定電話の番号を引き継ぐことができる上、ナンバーディスプレイサービス(月額400円程度)の利用や防犯センサーとの接続など現行の固定電話機能もほとんど変わらないので違和感はありません。

従って固定電話を引き続き必要と考える場合は光回線の利用が不可欠です。

結局、『光回線』か『WiMAX』かの選択になるが、決め手は、固定電話の必要性の有無!

結局、ADSLからの乗り換えは、『光回線』か『WiMAX』かの選択になります。

『光回線』と『WiMAX』のコスト比較

「WiMAX」は、ホームルーター型を利用した場合を想定。

それぞれの月額使用料のイメージ(各社のキャンペーンなどで若干差がありますが)です。(プロバイダー料は無料を見込む)

ADSL利用では、機器レンタル料、プロバイダー等含めて月額4千円程度ですが、NTTへの固定電話使用料が月額2500円ほどかかるので、トータルで6500円程掛かっていました。(電話の利用の仕方で電話代が更に加算されます)

光回線利用では、回線使用料(ルーター込み)が5200円でしたが、光電話(500円)と各種電話サービス一式(当初1500円でしたが、後日、ダイヤルサービス500円のみ残して他はキャンセルしたため実質は500円です)が1000円かかるためトータルで月額合計は6200円程かかります。

WiMAXホームルーター利用では、ルーターとプロバイダー料を含めた通信費は、月額3000円から4000円程度になります。

価格比較の要約
光回線 現在のADSLとほぼ同水準の通信費(固定電話維持費含む)で済む。但し、携帯電話との抱き合わせによる通信費節減の可能性は大きい
WiMAX 格段に通信費は軽減される。
但し、固定電話を利用する場合は、別途NTT契約で通信費がかかる。

固定電話が必要と考えれば、「光回線+光電話」の択一です!

現在の固定電話番号や固定電話機能(ファックス機能やドアホンの携帯電話への転送機能、防犯用のドアセンサーなどの固定電話経由の転送機能、及び、拒否設定機能など)を継続利用したいのであれば、光回線+光電話しかありません。

コスト的にも現状と変わらない!

コスト的にも、NTTの回線使用料が不要になるのでトータルでは現状とさほど変わらずむしろ若干負担減となります。かつ、従来悩みの種だった通信速度の遅さや無線ランの弱さが解消されます。従って一刻も早く乗り換えるにこしたことはないと言えます!

通信費削減は携帯電話抱き合わせで追及できる!

そして、通信費の軽減対策については、携帯電話(スマホ等)を含めて考えることで対処できます。それは、スマホや携帯の抱き合わせ、家族割などによる割引制度の活用です。従って、ご自分や家族の「スマホ携帯事業者」を考えて「光回線事業者」をどこにするかを決める必要があります。

高速でハイレベルのインターネット環境を構築できる!

固定電話の必要性がなければ『WiMAX』の一択です

固定電話の必要性がなければ「WiMAX」が一番です。

WiMAXは、工事がいらず、持ち運びも可能で、月額料金が安く、回線速度もADSLよりも数倍高速で簡単にWi-Fi環境を設置でき、スマートフォンやゲーム機などと簡単に接続できます。

但し、ポケットWiFiは、通信速度等制約があるので固定回線の代わりとしては向きません。

従って、高速にそれほどのこだわりがなければWiMAXが使い勝手がいいと思います。

但し、今まで使っていた固定電話は、IP電話として使えなくなるので、必要(今の固定電話を存続させたい)ならば、NTTとの契約は存続させることになります。

乗り換え手続きの概要

1)現在利用されているADSLのプロバイダは、解約が必要となります。電話一本で解約は可能です。

2)ADSLで利用していたメールアドレスはそのまま利用できます。

ADSLのプロバイダから提供されているメールアドレスは、そのまま利用できます。

例示⇒ヤフーの案内

念のためご利用のADSLプロバイダでご確認願います。

結論

乗換えは、結局、固定電話が今後も必要と考えれば「光回線+光電話」の一択、固定電話が必要ないと考えれば「「WiMAX(ホームルーター型)」がコスパから一択と考えます!

ーーーーーーーーーーーーーー 完 ーーーーーーーーーーーーーーーー

【光回線事業者を選択するにあたっての留意点】

1.通信費の節減には「スマホ割」効果が極めて大きい!

大手の光回線事業者では、自社の携帯電話との抱き合わせによる通称「スマホ割」と呼ばれる携帯電話の割引制度によりユーザー確保に力を入れており、ユーザーにとっては通信費節減の大きな術となっています。

スマホが手放せなくなってきている中で家族のスマホ保有も増えるなど通信費負担が増大するばかりであり、このスマホ割はその通信費の節減の大きな力となってきます。

例えば本人含めて4人家族であれば、スマホ割だけで最大月4千円の割引が受けられ、かつ、家族間通話無料などでもメリットを受けられる特典もあります。

2.光回線事業者選びは、光回線事業者のコスパ比較だけでは限界がある!

光回線事業者は、月額基本利用料やキャッシュバック、割引等で様々な設定方法を駆使し魅力づくりを行っていています。

このため、当面の月額経費は少なく見えるところが多いのですが、5年間(60か月)という長期で見れば、ほぼ上下間では月額500円程度の差に収れんされます。

初期の1~2年の月額負担が安いのは、工事費負担を長期間で分割にし、かつ前半にキャッシュバックを設定しているためですが、途中解約すると違約金が大きくはね返ってくる仕組みになっています。しかも、解約しなければ、後半でその分月額経費がかさむ仕組みになっています。

従って、契約初期1~2年の利用料の多寡で安いと判断するのは危険だと思います。

3.結論

長期間使っていく前提であれば、光回線事業者が提示するコスパ比較だけで判断するのは危険があります。やはり、スマホ割等を含めたトータルコストで考えるべきではないでしょうか?

また、キャッシュレス化、ネットバンキング等への時代の流れからスマホキャリア選びも重要となってきます。(大手銀行やクレジットカードではフリーメールアドレスでは受け付けなくなってきています。従って、SIMスマホでは利用できなくなるかも?)

光回線事業者選び手順とお得な申し込み窓口

1.スマホのキャリア絞り込みが先決!

結局、楽天を含む大手4社へ絞り込みとなるのではないでしょうか!

①スマホ割のメリットを享受し、②今後のキャッシュレス化やネットバンキング化の流れを見据えた利便性を考えると、スマホのキャリア(携帯電話会社)は、結局、「docomo」、「Softbank」、「au」、「楽天」の大手4社に絞られることになるとのではないでしょうか?

この4社の中で、「利便性」や「コスパ」等で検討されて、今のスマホキャリアでいくのか、異なるキャリアへの転換を目指すのかを決定されればいいと思います。(スマホ割を前提とした光回線事業者の選択に備えての話です!)

2.スマホの携帯電話会社に対応した光回線事業者を選択する!

スマホのキャリア(携帯電話会社)が決まれば、そのスマホで「スマホ割」が有利になる光回線事業者は自ずと限定されることになります。

具体的には、下記の形で決まることになります。

キャリア(携帯電話会社) 光回線事業者
ドコモスマホ ドコモ光
Softbank(ymobile含む)スマホ Softbank光、NURO光
auスマホ auひかり
楽天スマホ 楽天光

注意!NURO光と auひかりは現在のところ、加入できる地域が限定されているため、エリア外の地域在住の場合は、他のスマホ割が適用される光回線事業者で対応するしかありません、

3.各光回線事業者の様々にある窓口から「推奨窓口」を選び申し込む!

以上で、どの光回線事業者にするかが決まれば、いよいよ光回線の申し込み手続きに入る訳ですが、直接光回線該事業者窓口に申し込むよりも、プロバイダなどの取り扱い窓口を通して申し込む方が有利な条件や特別なサービスなどが付与される場合が多い上、懇切丁寧な応対・フォローがいいのでく安心できます。直接窓口は、とかく煩雑で手間暇かかるにに対し簡単です。従って、この4社は、当該光回線事業者以外のプロバイザー等による窓口が中心になっている傾向にあります。

なお、比較サイトを通じてプロバイダに申し込む方もいますが、後々を考えると直接申し込む方が後々安心できますことを申し添えさせていただきます。

また、高額なキャッシュバックを提示している窓口の多くは、オプション条件などが厳しく設定されていたりで、かえって損をすることになりかねないことが多い為おすすめできません、ご注意ください。

4.おすすめ「推奨窓口」

長期にわたるお付き合いになるならば、顧客対応がよく、ユーザーの立場に立ってお得な提案のできる推奨窓口をご利用されることをおすすめします。

光回線事業者 推奨窓口 推奨窓口広告バナー(バナーを押す)
ドコモ光 GMOとくとくBB



Softbank光 ポケットモバイル

SoftBank 光マンション

SoftBank 光戸建て

auひかり GMOとくとくBB



NURO光 Life Bank

【おすすめWiMAX、ホームルーター】

WiMAXは、キャンペーンを活用すれば月額料金2,726円〜とADSLとさほど変わらない金額で利用できます。

中でも、コンセントを刺すだけで簡単にインターネットに接続することができるホームルーター『SpeedWi-Fi HOME L02』がおすすめ。有線LANでも、無線LANでも接続でき、同時接続も42台できる。







 なお、外でもインターネットを利用されたい方はポケットWi-Fi「W05」がおすすめです。