ADSLからの乗り換え先は、固定電話機の必要性の有無が決め手!

固定電話機が今後も必要であれば光回線と光電話がベスト。インターネットのVOD・動画配信サービス需要急上昇にも最適!

ADSL終了間近、あなたは乗り換えの準備はできてますか?

ADSL終了に備え、「ADSL」から「光回線」あるいは「WiMAX」などへの乗り換えを検討されている方は多いのではないでしょうか?

家中、家族中インターネット利用が生活の中心に!

また、インターネット多利用による通信容量の増加とスピードの低速化や、携帯などを含めた通信費の負担増に対処するため乗り換えを検討している方も多いと思われます。

乗換先に悩んでいませんか?

しかしながら、乗り換えた場合、固定電話機や料金、サービス(メールアドレスや電話サービスなど)がどうなるのか、また、どのように手続きをすればいいのか等わかりにくいので悩みますよね。

乗り換え先の種類は?・・現在は4種類あるが?

ADSLは、NTT電話取り口からルーターを通して「インターネット回線」を導引し、パソコンやゲーム機器あるいは「固定電話機」に接続されていますが、「インターネット回線」には、次の4通りあります。

有線 「光回線 光ファイバー経由
「ケーブル回線」 ケーブルテレビ用ケーブル経由
「ADSL回線」 既存の電話線経由
無線 「WiMAX」 無線経由

このうち、③の電話線経由の「ADSL」が、近々既存の電話線が利用できなくなるため廃止になります。

このため、ADSL利用の方は、インターネット環境を維持するために他の「インターネット回線」に乗り換えねばならなくなります。

ADSLからの乗り換え先の候補は、『光回線』、『ケーブル回線』、『WiMAX』の3種類となります!

この内、「ケーブル回線」は、テレビとインターネットの同軸活用であり、もともとはテレビ回線が主体であるためにインタネット通信品質は「光回線」より劣る欠点があります。しかし、何よりもケーブルテレビ「J:COM」などをあまり利用しない場合はコストが割高になります。

従って、新たに「光ケーブル回線」を敷設する場合はおすすめできません。

結局、ADSLからの乗り換え先の候補は、『光回線』、『WiMAX』の2択となります!

光回線 ハイレベルのインターネットを活用される方にはおすすめ。

但し、工事が必要となること、月額料金はADSLよりも高く、持ち運びは不可能などの問題があります。

WiMAX 工事が要らず、持ち運び可能で月額料金も安く、回線速度もADSLよりも数倍高速で簡単にWi-Fi環境を設置でき、スマートフォンやゲーム機などと簡単に接続でき、メリットが大きい。

但し、固定電話機は、IP電話として使えなくなるので、固定電話機を存続させたいならば、NTTとの契約を存続させる必要がある。(ポケットWiFiは、通信速度等制約があるので固定回線の代わりとしては向かない)

それぞれの月額利用料のイメージは次の通りです。

WiMAX 光回線 ADSL
月額料金 3~4千円程度 6千円程度 4千円程度+NTTに月2千円=6千円程度

選択の決め手は、固定電話の必要性の有無にあります!

以上をもとに、「光回線」か「WiMAX」のどちらにするかの決め手は、「固定電話機」をどうしたいかということにかかってきます。

つまり、今と同じ「固定電話番号」と「ファックス機能」などを今後も必要とするかどうかです。

1.固定電話機を必要としないと考えた場合

選択肢は、2通り(「WiMAX」か「光回線」)となり、通信容量速度に拘らなければ、コスト的に、断然「WiMAX」に軍配が上がります。

「WiMAX」 > 「光回線」

2.固定電話機を必要と考えた場合

私は、現在利用している「ファックス機能」や「ドアホンの携帯電話への転送機能」、「防犯用のドアセンサーなどの固定電話経由の転送機能」、及び「拒否設定などできるナンバーディスプレイ機能」などを存続させたいので、「固定電話機(ファックス機能付き)」は手放せないと考えています。

この(固定電話を必要とする)場合、選択肢は、次の2通りと考えます。

(1)「WiMAX」+NTT契約存続「アナログ電話」

「WiMAX」に乗り換え、固定電話機存続のためNTTとの契約を存続させる。

ADSLの時も、NTT回線使用料を払っているので、「ADSL」と「WiMAX」の価格差役2千円がコスト減となります。当面はコスト低減が享受できる。

しかし、「アナログ電話」も数年後は廃止の方向なので、その時は、固定電話をどうするか問題になります。

廃止を考えると、その時に光回線が必要となるため、私は、選択肢から外しました。

(2)「光回線」+「光電話」

固定電話機は、「光電話」で存続可能なので、NTT との契約は休止(費用は掛からず将来復帰も可能のため)し、「光回線」に乗り換え「光電話」も併設する。

「ADSL」と「光回線+光電話」の価格差がコスト増減の要因となりますが、NTTの回線使用料が不要になるのでトータルではさほど変わらず、むしろ、若干負担減となります。

なおかつ、従来悩みの種だった通信速度の遅さや無線ランの弱さが解消されるのでこれを選択することにしました。

そして、通信費の軽減は、携帯電話(スマホ等)を含めて考えることにしました。

それは、スマホや携帯の抱き合わせ、家族割などによる割引制度の活用です。

従って、ご自分や家族の「スマホ携帯事業者」を踏まえて「光回線事業者」をどこにするかを決める必要があります。

[まとめ]

1.固定電話を必要としない場合は、「WiMAX」がベスト

「光回線」ほどの容量速度が必要なければ、コストが安く、工事も不要の「WiMAX」に乗り換えるのがベストです。

2.固定電話を今まで通りの使いたい場合は、「光回線」がベスト

「光回線」に付属の「光電話」を利用した「光回線+光電話」への乗り換えがベストです。

最後に

以上から、固定電話の必要性から私は、「光回線」及び「光電話」へ乗換えました。

このことにより、固定電話機もそのまま利用し、ドアホンとスマホの連携や、窓センサーなどの異常時スマホ通知なども今迄通り継続でき、さらに快適なインターネット環境を確保でき非常に満足しております。

なお、NTT との契約は休止(無料、将来万一の時は復活可能とのこと)としました。

以上が私の選択基準です。皆様の乗り換えにご参考になれば幸いです。

参考:ADSLから何に乗り換えるべきか?固定電話の必要性が決め手?

光回線各社への乗り換えは、下記の各取り扱い事業者経由で申し込まれるとお得です。

ADSLからの乗り換えの選択の決め手は、固定電話の必要性の有無!

固定電話が手放せない(必要)と考えれば、「光回線+光電話」の択一です!

現在の固定電話番号や固定電話機(ファックス機能やドアホンの携帯電話への転送機能、防犯用のドアセンサーなどの固定電話経由の転送機能、及び、拒否設定機能など)を継続利用したいのであれば、光回線+光電話しかありません。

コスト的にも現状と変わらない!

コスト的にも、NTTの回線使用料が不要になるのでトータルでは現状とさほど変わらずむしろ若干負担減となります。かつ、従来悩みの種だった通信速度の遅さや無線ランの弱さが解消されます。従って一刻も早く乗り換えるにこしたことはないと言えます!

通信費削減は携帯電話抱き合わせで追及できる!

そして、通信費の軽減対策については、携帯電話(スマホ等)を含めて考えることで対処できます。それは、スマホや携帯の抱き合わせ、家族割などによる割引制度の活用です。従って、ご自分や家族の「スマホ携帯事業者」を考えて「光回線事業者」をどこにするかを決める必要があります。

光回線への乗り換えや、携帯との抱き合わせでの乗り換えには下記の取り扱い事業者経由がお得になります!

ドコモ光
・ネット と スマホ を ドコモにまとめると、スマホの月額料金がおトクに!
・高速で、安心、安全なインターネットが追加料金なしで利用できる!
auひかり
東証一部上場【GMOインターネット】が運営する、GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン
取次のみの代理店と違い、お申込みからご利用中までフルサポートなので安心!【月額料金割引+キャッシュバック】実施中!
nifty光
@nifty光キャンペーン
新規申込で選べる2つの当社特典!!
□特典A: 「キャッシュバック18,000円 + IPv6プラス対応ハイグレード高速無線ルーター」
□特典B: 「キャッシュバック25,000円」
また、転用のお客様には「キャッシュバック10,000円」をご用意しております。

◎おすすめWiMAX

Broad WiMAXは、キャンペーンを活用すれば月額料金2,726円〜とADSLとさほど変わらない金額で利用できます。

中でも、コンセントを刺すだけで簡単にインターネットに接続することができるホームルーター『SpeedWi-Fi HOME L02』がおすすめ。有線LANでも、無線LANでも接続でき、同時接続も42台できる。

 なお、外でもインターネットを利用されたい方はポケットWi-Fi「W05」がおすすめです。



スポンサーリンク
スポンサーリンク