防犯対策一覧

NO IMAGE

家庭用防犯カメラ(屋外用)の選び方|必要な要件、枠組み

家庭用防犯カメラ(屋外用)に必要となる基本要件を、「防犯カメラに求める役割及び必要な要素」と「それを充足させるための選定要件」として整理。あとは、これらの基本要件を満たし、価格とアフターケアなどを吟味して選定すれば探す労力は軽減できます。

NO IMAGE

家庭用防犯カメラの選び方と厳選おすすめ10選

防犯カメラは留守時の空き巣防犯対策、普段時の装い強盗等対策に欠かせません。しかし購入するにも選択は難しく悩まれている方も多いと思われます。家庭用防犯カメラの役割は抑止力であるので高性能は不必要。防犯カメラの選び方とおすすめカメラをご紹介します

NO IMAGE

電力会社などの係員を装い盗みを働く強盗の被害に遭わないための防犯対策

電力・ガス・水道会社などは、事前に連絡なく(アポなく)個人宅を往訪することはないと認識し、突然の来訪者は、絶対に断る。また、女性の一人住まいがわからないように表札など工夫すると同時に、抑止力効果が大きい防犯カメラを設置する。

NO IMAGE

旅行などで家を留守にする時は最低限まず防犯カメラを設置しましょう!

二日以上家を空けて留守にする場合は、何はさておき、表通りから見える位置に防犯カメラを2台は設置することをお薦めします。他の防犯対策が不十分でも防犯カメラがカバーしてくれる可能性は大です。防犯カメラは、スマホ対応できるものにしましょう。

NO IMAGE

なぜ自宅の電話を無防備で放置?(留守宅防犯、オレオレ特殊詐欺対策)

現在問題となっている振り込め詐欺やオレオレ詐欺、アポ電強盗は言うまでもなく、煩わしい売込みや迷惑電話から身を守るために、是非、ご自宅の固定電話は、「登録者以外拒否」の設定をして、電話に施錠することを提唱します。

NO IMAGE

家庭電話は未登録番号拒否設定が最良の防犯対策(留守宅防犯・特殊詐欺)

「登録者以外拒否」が、空き巣に留守の確認を許さないので、留守時の電話設定としては最適、また在宅時も振り込め詐欺や迷惑電話などの防犯上も電話対応せずに済む「登録者以外拒否」が最適。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク