貴方に合った火災保険を選ぶには専門家を利用するのが一番です!

火災保険選びは同一条件での損保会社間比較が重要!専門業者を活用しよう!

相次ぐ大規模な自然災害で大きな被害に見舞われた被災状況を垣間見るたびに、火災保険の重要性を改めて認識させられます。

現在ご加入の火災保険の点検はもとより契約更新時期にある人にとって自分の状況にあった火災保険への見直しは大変重要なものとなっています

しかしながら、保険業に携わったことのない一般の方々にとって、保険選びは容易なことではありません。。

「おすすめの損保会社ランキング」とか、「人気火災保険ランキング」とかがよく紹介されていますが、それらを頼りに自分で各社のホームページやパンフをもとに検討を初めても「他社との比較ではどうか」などは容易ではなく、従って判断がつきません。

火災保険は自分(自宅の状況)にあった付保内容にすることが最も大事で、その内容において最も利用料が割安(費用対効果?)な保険会社を見つけることが大事です。

「人気のある保険会社」とか、「おすすめの火災保険」という形では、自分の家を基準とした場合、一概に自分に合った保険となるとは言えないのです。何故なら、地域によって災害リスクの見方が各社によって異なるので同一内容同一補償であっても各社間で差がでます。

従って、貴方のご自宅の場合、どこが一番費用対効果で優位性があるかは、同一条件で他社比較して最も自分に合っている損保会社をみつける以外に方法はないといえるのです。

かといって、自分で資料を集めて検討するには無理があります。このため、各社比較を行ってくれる総合代理店(例えば駅前の「保険の窓口」など)を利用したり、ネット上の比較専門業者などを利用して検討することが必要になります。

大切な火災保険ですから、是非、専門家を通じて、あなたにあった火災保険(損保会社と保険内容など)選びを進めることをおすすめします。

もちろん、貴方にあった保険選びのお手伝いをしてもらうのですから、少なくともどのような保険内容(補償対象の選定など)にするかは、しっかりと事前に押さえておいて提示できるようにしておくことが重要です。

決してすすめられるがままに話を進めないよう基本は勉強しておきましょう。そして、すぐには決めず、時間をかけるようにしましょう。納得がいかなければ、別の窓口(実店舗またはネット上店舗)に替え納得のいくまで検討をかさねましょう。

留意点としては、貴方にあった火災保険を選ぶ上において、「おすすめの損保会社」や「人気ブランド(火災保険名)」はとりあえず二の次にして、貴方のご自宅にとって最も優位な火災保険はどこかを見極めることを優先させることです。(損保会社名でなく保険料で決めることが大事)

それが決まれば、次に相談しやすいなどの利便性を中心に要望に適うかどうかを判断して最終的に決めれば納得のいく決定ができると思います。

相次ぐ大規模自然災害などで損保会社の経営を心配され、メガ損保などに視点が行きがちですが、万が一、現在加入されている損保会社が破綻してしまった場合でも、『損害保険契約者保護機構』によって、破綻した損害保険会社の保険契約が補償されます。

また、金融庁では、保険会社の支払い能力を表す「ソルベンシー・マージン比率(保険金等の支払能力の充実が適当であるかを示す)」を公表しており、200%以上であれば安泰と言われています。従って、少なくともこの表の中に名前があれば経営上何の心配もないと考えればいいと思います。

損保会社 ソルベンシー・マージン比率
日新火災海上保険 1321.20%
AIG損害保険 1135.90%
共栄火災海上保険 968.30%
トーア再保険 831.50%
東京海上日動火災保険 827.30%
そんぽ24損害保険 821.00%
エイチ・エス損害保険 803.30%
アクサ損害保険 782.50%
ソニー損害保険 782.10%
楽天損害保険 757.50%
損害保険ジャパン日本興亜 735.10%
三井住友海上火災保険 712.40%
あいおいニッセイ同和損害保険 702.70%
セコム損害保険 619.40%
三井ダイレクト損害保険 483.00%
日本地震再保険 379.60%
SBI損害保険 366.10%
au損害保険 352.60%
セゾン自動車火災保険 341.70%
アニコム損害保険 305.60%
アイペット損害保険 284.80%
イーデザイン損害保険 282.40%

結論

貴方にあった火災保険選びは、同一条件で各社比較を行うことが重要で、そのためには、お近くの総合保険代理店窓口か、ネットの比較サイト会社等を活用することをおすすめします。

保険の時間 無料面談完了 ポイント不可

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク