あなたの火災保険は大丈夫?地震が起因の被害(含火災)は火災保険に適用されない!

地震が起因で発生した火災・水災含む全ての被害に火災保険は適用されない!

地震大国と言われる日本は海プレートと陸プレートがぶつかりあう位置にあるため、毎年どこかで震度5強以上の地震が発生し家屋などに甚大な被害をもたらしています。

これら地震が起因で発生した直接、間接を問わず住宅や家財の損壊や火災などの被害に対して火災保険は適用されません。

例え「火災」や「水災」であっても、「地震」が起因していれば火災保険の補償適用対象外となります。

これは地震の性質上、被害が広範囲かつ甚大なため損保会社独自では対応できないことから火災保険の対象外とされたものです。そしてそれを補完する形で国と損保会社の連携により地震に起因する一切の住宅や家財の被害に対応する「地震保険」が生まれたものであります。

従って、地震に起因する家や家財の被害に備えるためにはこの「地震保険」しかありません。

この「地震保険」の目的は、地震被害から当面の生活を支えるためのものという趣旨のため、火災保険の保険金の50%を上限としています。また、国が関与しているため「地震保険」の地域別に設定する保険料率などは損保各社によって差はありません。

但し、地震保険は、火災保険とセットでなければならないことになっています。

従って、既に火災保険を掛けられているならばその損保会社に「地震保険」をセットで申し込むことになります。

このように「地震保険」は建物や家財の地震による万一の被害に備えるための保険ですが、「地震保険」の加入率は、年々高まってはいますが未だ全国平均で30%台と低い水準にあります。

このため、過去に被害に遭った人たちの多くが大切な住居や家財に甚大な地震被害に見舞われたにもかかわらず「地震保険」をかけていなかったために補償が受けられなかったとのことです。

地震は毎年全国のどこかで発生しており、その度に家や家財に甚大な被害が出ていますが、皆さんの火災保険は「地震保険」に対応しているでしょうか?

折しも10月から火災保険の値上げが見込まれております。

この機会にご自宅の火災保険をチェックし「地震保険」が付保されているかどうかを確認されることをおすすめします。

なお、地震の場合は建物ばかりでなく、家財なども被害に遭うケースが大半ですので、家財補償をどうするかについても火災保険、地震保険両面から検討されては如何でしょうか?

もし今加入している火災保険に家財補償を付いていなければ、家財補償に限って他社の損保会社に付保することも可能です。

万が一の時の火災保険です。大きな被害が想定される地震被害に「地震保険」は不可欠ではないでしょうか?

ご参考になれば幸いです

水害被害相次ぐ!あなたの火災保険大丈夫?「水災補償」付いている?

火災保険を選ぶ時、不動産会社や銀行から勧められた保険会社以外の保険を
きちんと比較しましたか?

火災保険も比較する時代です。不要な補償の保険料を支払っていたり、
本当に重要な補償が外れていたりするケースが多数あります。

     ▼ ▼ ▼ まずは見積もり依頼 ▼ ▼ ▼
    10社以上の保険会社からあなたに最適なプランをご提案
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35FKPD+6RIBYY+36QK+NX737

===================================
           実際の比較事例をご紹介
===================================

<比較事例1>新規加入時の比較検討で約40万円の節約に成功
 不動産会社から提示された火災保険と比較して、
 40万円近く安い保険に加入することができました。

     ▼ ▼ ▼ まずは見積もり依頼 ▼ ▼ ▼
    10社以上の保険会社からあなたに最適なプランをご提案
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35FKPD+6RIBYY+36QK+NX737

<比較事例2>火災保険の見直しで幅広い補償をGET!
 火災保険の見直しにより、解約返戻金と同等の補償で、
 地震保険に加入+日常生活の損害補償を追加できました。

     ▼ ▼ ▼ まずは見積もり依頼 ▼ ▼ ▼
    10社以上の保険会社からあなたに最適なプランをご提案
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35FKPD+6RIBYY+36QK+NX737


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク