防犯カメラ一覧

NO IMAGE

家庭用防犯カメラ(屋外用)は簡単な設置法で十分!自分でできる!

防犯カメラ等の耐用年数は6~7年であり、途中故障などが生じた場合のメンテを考えると、自分でできる範囲で設置することが望ましい。壁などに穴を開ける工事を伴わなくても、玄関ドア上や、軒天下など適当な場所に何らかの処置で固定できあるはずです。

家庭用防犯カメラの選び方とおすすめ9選|留守時防犯対策(リニュアル)

防犯カメラは留守時の空き巣対策、普段時の強盗対策等に欠かせない必需品です。防犯カメラの種類が多く選ぶのに悩みますが、家庭用防犯カメラの最大の役割は抑止力にあるので高性能よりは適数配置が重要。家庭用防犯カメラの選び方とおすすめ機種をご紹介します

NO IMAGE

旅行などで家を留守にする時は最低限まず防犯カメラを設置しましょう!

二日以上家を空けて留守にする場合は、何はさておき、表通りから見える位置に防犯カメラを2台は設置することをお薦めします。他の防犯対策が不十分でも防犯カメラがカバーしてくれる可能性は大です。防犯カメラは、スマホ対応できるものにしましょう。

留守宅防犯|ベビー型ネットワークカメラは防犯カメラとしても重宝(リニュアル)

「ベビー型ネットワークカメラ」は、庇さえあれば室外の防犯カメラとしても使えて重宝。スマホ遠隔操作で全方向に向きを変え見渡せるので状況チェックに便利。スマホから写真、動画がスイッチ操作可能であり、音を拾ったり発声も可能。強力な防犯機器です。