NO IMAGE

家庭電話は未登録番号拒否設定が最良の防犯対策(留守宅防犯・特殊詐欺)

「登録者以外拒否」が、空き巣に留守の確認を許さないので、留守時の電話設定としては最適、また在宅時も振り込め詐欺や迷惑電話などの防犯上も電話対応せずに済む「登録者以外拒否」が最適。

駐車場のある住居は空き巣に狙われやすい!車での留守に防犯対策を!(リニュアル)

駐車場を併設する住居において、車の有無で留守が判断しやすくなるため空き巣に狙われる可能性がたかくなります。このため車外出で自宅を留守にする時は、室内灯を点灯させるなど「留守を悟られないための対策」に留意する必要があります。

留守宅防犯|その雨戸で空き巣の浸入を阻止できますか?(リニュアル)

雨戸には抑止力がありますが、他に侵入口がなく、周りから死角になる位置、横板などで身を隠せる位置にある雨戸は狙われる可能性が高い。雨戸から空き巣の侵入を防ぐには雨戸が簡単に外されないよう、また防犯カメラ設置などで抑止力を高める必要がある。

留守宅防犯|ベビー型ネットワークカメラは防犯カメラとしても重宝(リニュアル)

「ベビー型ネットワークカメラ」は、庇さえあれば室外の防犯カメラとしても使えて重宝。スマホ遠隔操作で全方向に向きを変え見渡せるので状況チェックに便利。スマホから写真、動画がスイッチ操作可能であり、音を拾ったり発声も可能。強力な防犯機器です。

留守宅防犯|空き巣に留守を悟られない対策とポイント(リニュアル)

空き巣は、留守をしていそうな家を探して下見を繰り返し留守を確信して事を起こします。従って、空き巣に狙われないようにするには、「留守を悟られない対策」に万全を尽くことが何よりも重要です。特に長期間留守にする場合は、在宅を装う工夫が重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク