防犯カメラ一覧

NO IMAGE

留守宅防犯|家庭用防犯カメラに必要な要件と枠組み(選び方・基準)

機能などに専門用語が多様され数多くある防犯カメラの中から、自家に適切な防犯カメラを選ぶのは至難の技です。一般家庭での防犯カメラの最大使命は抑止力効果であるため必要な要件等は一定基準を満たせば十分。防犯カメラ選ぶ要件等を整理しました。

NO IMAGE

留守宅防犯|家庭用防犯カメラ(室外用:防滴)の選ぶポイント留意点

防犯カメラは留守時の空き巣防犯対策上で必需品となっていますが、在宅時の装い強盗や特殊詐欺などの防犯対策にも欠かせなくなってます。家庭用防犯カメラの最大の役割は抑止機能にあります。スマホ対応でき手ごろ価格の防犯カメラを設置しましょう!

NO IMAGE

家庭用防犯カメラ(屋外用)は簡単な設置法で十分!自分でできる!

防犯カメラ等の耐用年数は6~7年であり、途中故障などが生じた場合のメンテを考えると、自分でできる範囲で設置することが望ましい。壁などに穴を開ける工事を伴わなくても、玄関ドア上や、軒天下など適当な場所に何らかの処置で固定できあるはずです。

NO IMAGE

家庭用防犯カメラ(屋外用)の選び方|必要な要件、枠組み

家庭用防犯カメラ(屋外用)に必要となる基本要件を、「防犯カメラに求める役割及び必要な要素」と「それを充足させるための選定要件」として整理。あとは、これらの基本要件を満たし、価格とアフターケアなどを吟味して選定すれば探す労力は軽減できます。

NO IMAGE

家庭用防犯カメラの選び方と厳選おすすめ10選

防犯カメラは留守時の空き巣防犯対策、普段時の装い強盗等対策に欠かせません。しかし購入するにも選択は難しく悩まれている方も多いと思われます。家庭用防犯カメラの役割は抑止力であるので高性能は不必要。防犯カメラの選び方とおすすめカメラをご紹介します

NO IMAGE

旅行などで家を留守にする時は最低限まず防犯カメラを設置しましょう!

二日以上家を空けて留守にする場合は、何はさておき、表通りから見える位置に防犯カメラを2台は設置することをお薦めします。他の防犯対策が不十分でも防犯カメラがカバーしてくれる可能性は大です。防犯カメラは、スマホ対応できるものにしましょう。

NO IMAGE

留守時の防犯に「ベビー型ネットワークカメラ」が便利で重宝!

防犯カメラとしての「ベビー型ネットワークカメラ」の活用は便利!屋外でも、カーポートなどのひさしがあればスマホから首ふりにより全方向的に見渡せるので状況チェックに便利。価格の割に機能が豊富で、音を聞いたり発声もできズームも可能。

自分でできる「長期間の留守に備えた防犯・防災対策のポイント」

旅行や帰省などで1泊以上の長期間、戸建ての家を留守にする場合の防犯対策・防災対策等の方法を私が実践してきた体験をもとにチェックポイントを具体的に解説しています。空き巣の行動特性や家屋の状態・立地条件等を睨んだ対策がポイント!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク