火災保険一覧

火災保険|「破損・汚損」は災害でなくうっかりミスで補償が受けられる

火災保険には、災害でなく、普段のうっかりミスで建物や家財を壊した場合に補償が受けられる「破損・汚損」という補償があります。お子さんがいたり、高価な家財等が多い場合は、安心に繋がる為、実際に利用者が多く、損保は、免責金額の引き上げを予定しています。

火災保険|契約・見直し・乗換えには「一括見積り比較サイト」がおすすめ!

火災保険は、相次ぐ値上げや保険期間短縮化等から家計を圧迫する存在になっています。火災保険料は各社各様の決め方であるため自分にあった火災保険選びは各社比較の上で決める必要があります。このため「火災保険一括見積りサイト」の活用が便利となります。

火災保険|契約期間途中の変更解約は不利益にならず、益多し!(リニュアル)

契約期間中であっても火災保険の解約変更は、基本的には、保険法による、解約の自由と解約に伴う不利益が生じないよう未経過分の保険料部分は返還されます。従って、火災保険の条件、支払い料金等が現状より良くなるのであれば、大いに変更すべきです。

確定申告|風水害・盗難等の損害には税軽減措置が受けられる!(リニュアル)

風水害等や盗難などで日常生活に必要な自宅や家財などに被害を被った場合は、確定申告で「雑損控除」あるいは「災害減免法」(所得1千万円以下で損害が時価の5割以上の場合)によって所得税や住民税などで大きな税軽減や免除が受けられます。被災された方は、忘れず!

近年豪雨被害が多発、火災保険に「水災補償」を付けるべきかの判断基準(リニュアル)

近年気候変動で豪雨が多発し河川氾濫や洪水、崖崩れや下水道集中溢れなどによる床上浸水や地盤崩れなど大規模水害が多発しています。余程の安全地帯(ハザードマップ上)、安全住居環境でない限り水災補償を付保されることをおすすめします。

火災保険|値上げ続く火災保険料、点検見直しで費用対効果アップを!(リニュアル)

大規模災害などで値上げが続く火災保険は家計を圧迫する存在になっています。火災保険料は、同じ物件、保険内容でも損保各社によって格差があります。また何もなければ掛け捨てとなる火災保険は、コストパフォーマンスを高めるべく見直すことが重要となっています。

火災保険で損する数々のケースと損しない為のチェックポイント(リニュアル)

火災保険は、値上げが相次ぎ負担の重いものとなっています。火災保険の掛け方が不備、或いは、不適正で後に後悔するケースが数々あります。折角の火災保険で後悔しないように、紹介のチェックポイントを参考に火災保険の内容適正化をおすすめします。

門塀や物置、室外機等も建物として火災保険の補償対象!洩れなく請求を!(リニュアル)

火災保険や地震保険の対象とする「建物」には、建物本体だけでなく畳などの建具や浴槽や調理台及びエアコン室外機など建物に取り付けられた設備や建物に付帯する門や物置やなどの施設も含まれる。強風や大雨でこれらに被害があった場合は保険会社に請求を!

火災保険に風災補償は必須!令和元年房総半島台風大災害の教訓(リニュアル)

令和元年に千葉を襲った過去に例のない勢力の台風15号は広範囲の家屋に甚大な被害をもたらした。台風被害は、火災保険に「風災補償」を付保していなければ補償されません。温暖化による台風被害が甚大化しているため、火災保険に風災補償付保は必須です。

火災保険|台風で飛んできた隣の瓦で壁、車に被害、賠償請求できる?(リニュアル)

台風で飛ばされた隣家の看板等での被害は自然災害による不可抗力として賠償責任は問えません。従って、被害は自己負担で修復するしかなく、火災保険が頼りになります。但し、「風災補償」を付保しておくことが必要。また車被害は車両保険で対応できます。

火災保険|20年超長期契約の満期を迎えるあなたにあった更新の進め方(リニュアル)

大規模自然災害多発等で火災保険料は、相次ぐ値上げと最長保険期間の短縮化等で大変負担が重くなり、自分にあった火災保険にするためには、補償内容の精査と保険会社間の比較をして自分に有利な保険商品、損保会社を選ぶ取り組みが必要となります!