確定申告一覧

確定申告メモ|パート年収103万円以下なら申告で所得税は全額戻せる

パートの年収が103万円以下なら所得税はかかりません。支払った所得税は大抵、勤務先の年末調整で戻りますが、勤務先を辞めたり変えたりで戻らなかった場合は、確定申告で還付を受けられます。僅かでも住民税や他への影響もあり得るので節税は重要です!

ふるさと納税|給与・年金収入者、自営業者の「控除限度額」早見表

ふるさと納税は、節税効果が大きく他の負担軽減にも繋がり、且つ実質2000円で返戻品が貰える為、今年の所得総額が見える年末に「控除限度額」を見据えた利用が活発になります。給与・年金収入者や自営業者が簡単に限度額を把握できる早見表を整理しました

株取引の年末節税対策|素人でもわかる節税の手引き(損出し益出し)

株取引の税負担は大きく運用状況に即した節税対策が重要。特に、運用状況に即した含み損や含み益の損出し・益出しによる適切な節税取引は極めて重要。運用状況別に素人にもわかる上手な使い方をわかりやすく解説。これさえあれば節税対策と銘柄整理は万全!

株取引の年末節税対策に欠かせない「損出し」「益出し」手法とは?

株式取引には大きな税負担が伴うとともに、場合によって住民税や行政サービス費の負担増よもなるので、運用状況に対応した年末の節税対策が大変重要。特に含み損や含み益の活用により大きな節税効果が図れるとともに来年に備え株価調整等も図れるチャンスです。

「住民税決定通知書」の見方と住民税節税の重要性とその方策方法(リニュアル)

6月に届く住民税決定通知書を節減対策に役立てよう!住民税算定所得は、介護保険料、保育料等の算定に影響し、特に住民税は所得にかかわらず一律10%税率のため低所得者には負担が大きい。この為、所得控除と税額控除を大きくする住民税節税対策が重要!

確定申告|リフォームした方は申告で所得税等各種減税が受けられます

住宅をリフォームをした場合、所得税や固定資産税、贈与税非課税化など各種減税措置が受けられます。リフォームには、省エネ、耐震、バリアフリー、増築等の減税要件・要素が含まれているので、制度を知って減税措置が受けられるよう確定申告をしましょう!

確定申告メモ|住民税や社保料等へのはね返りで損しない為の留意点

株等の譲渡・配当所得等を確定申告すると、認識の違いから住民税や介護保険等への負担増に繋がる弊害がありましたが、所得税と違う課税方式(総合か分離か)が選択できる(申告不要制度)ので、必要なら確定申告前に住民税の申告も行うことをおすすめします。

確定申告|配偶者控除等を睨んだパートの上手な働き方と確定申告留意点

所得税、住民税での「配偶者(特別)控除」の税負担軽減効果は相当に大きく社会保険料や教育費負担軽減メリットも大きい。従って、配偶者のパート勤務や副業、株式等の資産運用等において適用除外とならない工夫と間違いない確定申告に留意が必要です。

NO IMAGE

確定申告|ふるさと納税のポイントとメリットの数々!お得に地域貢献

ふるさと納税は、地域への貢献ばかりか確定申告により2千円を超える部分は「所得税の還付」と「次年度住民税の軽減」という形でほぼ全額還元されるお得な制度。その上、住民税を基に算定される国民保険料、介護保険料、保育費、教育費等の軽減も期待できる。

確定申告|株の利益・配当にかかった高い税金を取戻す賢い申告の仕方

株取引の利益や配当には20%もの高い一律税率が掛けられ資産運用に重い負担となっている。この為、確定申告では個人の所得や損失状況等により配当控除や損益通算等の税負担軽減の仕組みが用意されています。確定申告しないで損している方が非常に多いです。