確定申告一覧

ふるさと納税の確定申告方法、ふるさと専門サイト利用でより簡単に!

ふるなびの様な特定事業者経由でふるさと納税を利用すると、令和3年分の申告から特定事業者発行の「寄附金控除に関する証明書」を添付するだけで済む申告方法に簡素化されました。確定申告の煩わしさで利用できなかった人に朗報です!

年金所得者も「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が利用できます!

年金所得者もふるさと納税制度は利用できます。また、確定申告不要のワンストップ特例制度も利用できるので、節税と地域貢献に役立ちます。年末は、控除額の枠をチェックし、ふるさと納税を利用すれば、次年度の住民税が軽減され、行政負担の軽減できます。

ふるさと納税って?節税効果が大きく活用しないと損!おすすめ利用法

ふるさと納税は地域振興の為の寄付制度で、地域貢献と共に寄付者の税負担軽減に利用できます。上限額以内であれば2千円を超える支払額の全額が還付され、かつ、行政負担費軽減にも繋がります。ふるさと納税を理解し、大いに活用しましょう!

ふるさと納税額過去最高!住民税や社保等の負担軽減効果大に人気旺盛!

ふるさと納税制度は、寄付を通じて地域振興に貢献でき、寄付金から2千円を差し引いた税額控除(所得税からは10%相当、住民税からは90%相当)が受けられ、かつ、地域の名産品が受け取れる非常にお得な制度です。この為年々利用者が急拡大しています。

屋根外壁塗装リフォームで各種税制優遇措置を受ける要件と手続き

高額費用がかかる屋根外壁塗装リフォームは、要件を満たせば、所得税や固定資産税減税ばかりでなく資金援助として受けた贈与の非課税措置も利用できます。所得税が減税されれば住民税や介護保険等の負担軽減にも繋がるのでご活用をおすすめします。

確定申告メモ|パート年収103万円以下なら申告で所得税は全額戻せる

パートの年収が103万円以下なら所得税はかかりません。支払った所得税は大抵、勤務先の年末調整で戻りますが、勤務先を辞めたり変えたりで戻らなかった場合は、確定申告で還付を受けられます。僅かでも住民税や他への影響もあり得るので節税は重要です!

ふるさと納税|給与・年金収入者、自営業者の「控除限度額」早見表

ふるさと納税は、節税効果が大きく他の負担軽減にも繋がり、且つ実質2000円で返戻品が貰える為、今年の所得総額が見える年末に「控除限度額」を見据えた利用が活発になります。給与・年金収入者や自営業者が簡単に限度額を把握できる早見表を整理しました

年末の株式取引は、損出し・益出しで節税と資産改善を図るビッグチャンス(リニュアル)

年末の株式取引は、損出し、益出しによる節税と持ち株改善のビッグチャンス。税負担の大きい株式投資では、年末取引で、それまでの運用状況に即した含み損や含み益の損出し・益出しにより節税効果を最大にし、持ち株の購入単価引き下げることが大変重要となる。

株式取引等譲渡所得の年末節税対策に欠かせない損出し、益出し手法(リニュアル)

株式取引(譲渡所得)には大きな税負担が伴い、住民税等の負担増にも繋がりかねない。このため、節税対策、特に、年末の運用状況に対応した対策が極めて重要で、含み損や含み益を活用した「損出し」、「益出し」による利益圧縮や持ち株入れ替えが極めて重要です。

年末の節税対策は十分?|年末にできる節税対策と大きい節税効果(リニュアル)

節税に最も重要な年末のこの期間は、今年度の所得税、住民税の節税だけでなく来年の住民税の軽減とそれに連動する介護保険料や行政サービス負担の軽減や給付の増大に繋がります。特に、株式等譲渡所得税の節減とふるさと納税活用は見逃せない重要施策です!

幼保無償化|今更聞けない保育園と幼稚園の違い、どちらにしようか?

少子化対策「子ども・子育て支援法」と「幼保無償化」で保育園や幼稚園の拡充・充実化が図られ、共働き等でも安心して子どもたちが育っていける環境整備が進められています。無償化と整備で変わった両者の仕組みや利便性の違い、選択ポイント等をご紹介します。

今更聞けない児童手当って?申請しないともらえない!遅れた分無効!

児童手当は、昭和46年制定「児童手当法」が平成24年「子ども・子育て支援法」で改正され、子供の生活の安定と健やかな成長が図れるよう養育者を支援する目的で、所得制限内であれば0歳から中学校卒業迄の養育者に、一人に月1万円か1万千円が支給されます。

「住民税決定通知書」の見方と住民税節税の重要性とその方策方法(リニュアル)

6月に届く住民税決定通知書を節減対策に役立てよう!住民税算定所得は、介護保険料、保育料等の算定に影響し、特に住民税は所得にかかわらず一律10%税率のため低所得者には負担が大きい。この為、所得控除と税額控除を大きくする住民税節税対策が重要!

確定申告|リフォームした方は申告で所得税等各種減税が受けられます

住宅をリフォームをした場合、所得税や固定資産税、贈与税非課税化など各種減税措置が受けられます。リフォームには、省エネ、耐震、バリアフリー、増築等の減税要件・要素が含まれているので、制度を知って減税措置が受けられるよう確定申告をしましょう!