確定申告一覧

株取引の確定申告|株で損した時の確定申告による節税方法と事例解説

株で損した場合、確定申告すれば大きな節税の種を得ることになります。利益との相殺で損失額の20%が還付される為、損失が大きいほど還付額は大きくなります。従って、損失の早期回収に繋がる重要な資産となるので確定申告は決して忘れないようにしましょう!

株取引の確定申告|株で儲けた時の確定申告による節税方法と事例解説

株取引で儲かった場合も確定申告で節税できます。分離課税方式によって、「損となった他口座」及び「繰越控除」と損益通算する方法と、総合課税方式により、取引には触れず、配当を給与等所得に合算して所得税率を適用の上「所得控除」を受ける方法があります。

株取引の確定申告|特定口座・源泉徴収でも確定申告すれば節税できる!

20%の高い税金がかかる株式運用には、確定申告すれば、損益通算で節税できる分離課税方式、又は、配当を給与所得と同等扱いとし配当控除が受けられる総合課税方式が受けられます。従って、毎年、確定申告で効果が得られるかをチェックすることをおすすめします。

ふるさと納税の確定申告方法、ふるさと専門サイト利用でより簡単に!

ふるなびの様な特定事業者経由でふるさと納税を利用すると、令和3年分の申告から特定事業者発行の「寄附金控除に関する証明書」を添付するだけで済む申告方法に簡素化されました。確定申告の煩わしさで利用できなかった人に朗報です!

年金所得者も「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が利用できます!

年金所得者もふるさと納税制度は利用できます。また、確定申告不要のワンストップ特例制度も利用できるので、節税と地域貢献に役立ちます。年末は、控除額の枠をチェックし、ふるさと納税を利用すれば、次年度の住民税が軽減され、行政負担の軽減できます。

ふるさと納税って?節税効果が大きく活用しないと損!おすすめ利用法

ふるさと納税は地域振興の為の寄付制度で、地域貢献と共に寄付者の税負担軽減に利用できます。上限額以内であれば2千円を超える支払額の全額が還付され、かつ、行政負担費軽減にも繋がります。ふるさと納税を理解し、大いに活用しましょう!

ふるさと納税額過去最高!住民税や社保等の負担軽減効果大に人気旺盛!

ふるさと納税制度は、寄付を通じて地域振興に貢献でき、寄付金から2千円を差し引いた税額控除(所得税からは10%相当、住民税からは90%相当)が受けられ、かつ、地域の名産品が受け取れる非常にお得な制度です。この為年々利用者が急拡大しています。

屋根外壁塗装リフォームで各種税制優遇措置を受ける要件と手続き

高額費用がかかる屋根外壁塗装リフォームは、要件を満たせば、所得税や固定資産税減税ばかりでなく資金援助として受けた贈与の非課税措置も利用できます。所得税が減税されれば住民税や介護保険等の負担軽減にも繋がるのでご活用をおすすめします。

確定申告|歯の保険外診療費も「医療費控除」の対象って知ってた?(リニュアル)

健康保険の適用にならない保険外(自由)診療も、病気や健康回復維持の治療であれば「医療費控除」の対象になるので、歯列矯正も、歯並びが悪く噛みづらいの、美容目的でなければ医療費控除の対象になります。高額医療費のため確定申告をおすすめします。

確定申告メモ|パート年収103万円以下なら申告で所得税は全額戻せる

パートの年収が103万円以下なら所得税はかかりません。支払った所得税は大抵、勤務先の年末調整で戻りますが、勤務先を辞めたり変えたりで戻らなかった場合は、確定申告で還付を受けられます。僅かでも住民税や他への影響もあり得るので節税は重要です!

ふるさと納税|給与・年金収入者、自営業者の「控除限度額」早見表

ふるさと納税は、節税効果が大きく他の負担軽減にも繋がり、且つ実質2000円で返戻品が貰える為、今年の所得総額が見える年末に「控除限度額」を見据えた利用が活発になります。給与・年金収入者や自営業者が簡単に限度額を把握できる早見表を整理しました

年末の株式取引は、損出し・益出しで節税と資産改善を図るビッグチャンス(リニュアル)

年末の株式取引は、損出し、益出しによる節税と持ち株改善のビッグチャンス。税負担の大きい株式投資では、年末取引で、それまでの運用状況に即した含み損や含み益の損出し・益出しにより節税効果を最大にし、持ち株の購入単価引き下げることが大変重要となる。

株式取引等譲渡所得の年末節税対策に欠かせない損出し、益出し手法(リニュアル)

株式取引(譲渡所得)には大きな税負担が伴い、住民税等の負担増にも繋がりかねない。このため、節税対策、特に、年末の運用状況に対応した対策が極めて重要で、含み損や含み益を活用した「損出し」、「益出し」による利益圧縮や持ち株入れ替えが極めて重要です。

年末の節税対策は十分?|年末にできる節税対策と大きい節税効果(リニュアル)

節税に最も重要な年末のこの期間は、今年度の所得税、住民税の節税だけでなく来年の住民税の軽減とそれに連動する介護保険料や行政サービス負担の軽減や給付の増大に繋がります。特に、株式等譲渡所得税の節減とふるさと納税活用は見逃せない重要施策です!