住民税一覧

年金所得者も「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が利用できます!

年金所得者もふるさと納税制度は利用できます。また、確定申告不要のワンストップ特例制度も利用できるので、節税と地域貢献に役立ちます。年末は、控除額の枠をチェックし、ふるさと納税を利用すれば、次年度の住民税が軽減され、行政負担の軽減できます。

ふるさと納税って?節税効果が大きく活用しないと損!おすすめ利用法

ふるさと納税は地域振興の為の寄付制度で、地域貢献と共に寄付者の税負担軽減に利用できます。上限額以内であれば2千円を超える支払額の全額が還付され、かつ、行政負担費軽減にも繋がります。ふるさと納税を理解し、大いに活用しましょう!

ふるさと納税額過去最高!住民税や社保等の負担軽減効果大に人気旺盛!

ふるさと納税制度は、寄付を通じて地域振興に貢献でき、寄付金から2千円を差し引いた税額控除(所得税からは10%相当、住民税からは90%相当)が受けられ、かつ、地域の名産品が受け取れる非常にお得な制度です。この為年々利用者が急拡大しています。

株式取引等譲渡所得の年末節税対策に欠かせない損出し、益出し手法(リニュアル)

株式取引(譲渡所得)には大きな税負担が伴い、住民税等の負担増にも繋がりかねない。このため、節税対策、特に、年末の運用状況に対応した対策が極めて重要で、含み損や含み益を活用した「損出し」、「益出し」による利益圧縮や持ち株入れ替えが極めて重要です。

年末の節税対策は十分?|年末にできる節税対策と大きい節税効果(リニュアル)

節税に最も重要な年末のこの期間は、今年度の所得税、住民税の節税だけでなく来年の住民税の軽減とそれに連動する介護保険料や行政サービス負担の軽減や給付の増大に繋がります。特に、株式等譲渡所得税の節減とふるさと納税活用は見逃せない重要施策です!

介護保険①|今更聞けない介護保険制度のしくみと保険料の計算・支払い

高齢化で自分の周りに親を含め介護を必要とする年代の方が多くおられませんか?介護保険は、介護を必要とする状況になっても地域で安心して生活できるための地域連携保険です。介護保険の基本的な仕組みや利用方法などはしっかりと理解しておきたいものですね!

「住民税決定通知書」の見方と住民税節税の重要性とその方策方法(リニュアル)

6月に届く住民税決定通知書を節減対策に役立てよう!住民税算定所得は、介護保険料、保育料等の算定に影響し、特に住民税は所得にかかわらず一律10%税率のため低所得者には負担が大きい。この為、所得控除と税額控除を大きくする住民税節税対策が重要!

確定申告メモ|住民税や社保料等へのはね返りで損しない為の留意点

株等の譲渡・配当所得等を確定申告すると、認識の違いから住民税や介護保険等への負担増に繋がる弊害がありましたが、所得税と違う課税方式(総合か分離か)が選択できる(申告不要制度)ので、必要なら確定申告前に住民税の申告も行うことをおすすめします。