水災補償一覧

近年豪雨被害が多発、火災保険に「水災補償」を付けるべきかの判断基準(リニュアル)

近年気候変動で豪雨が多発し河川氾濫や洪水、崖崩れや下水道集中溢れなどによる床上浸水や地盤崩れなど大規模水害が多発しています。余程の安全地帯(ハザードマップ上)、安全住居環境でない限り水災補償を付保されることをおすすめします。

火災保険で水害補償を受けるには「水災補償」付保が必要!(リニュアル)

温暖化に伴う台風や線状降雨帯などによる集中豪雨で大規模水害が多発しています。火災保険に「水災補償」の付保がなければ補償を受けられません。付保するとともに家財補償や今の保険内容の適正度及び保険料の他社比較を通して対費用効果を点検しましょう!