株式投資一覧

株取引の年末節税対策|素人でもわかる節税の手引き(損出し益出し)

株取引の税負担は大きく運用状況に即した節税対策が重要。特に、運用状況に即した含み損や含み益の損出し・益出しによる適切な節税取引は極めて重要。運用状況別に素人にもわかる上手な使い方をわかりやすく解説。これさえあれば節税対策と銘柄整理は万全!

株取引の年末節税対策に欠かせない「損出し」「益出し」手法とは?

株式取引には大きな税負担が伴うとともに、場合によって住民税や行政サービス費の負担増よもなるので、運用状況に対応した年末の節税対策が大変重要。特に含み損や含み益の活用により大きな節税効果が図れるとともに来年に備え株価調整等も図れるチャンスです。

低位株カイオム推奨理由②|開発創薬1つ実れば高収益企業に一変!

低位株の抗体医薬カイオムは今が仕込み場!カイオムの導出社とのライセンス契約では、上市以降の販売ロイヤリティーを含めず、上市迄の収入総額が100億円近くとある。パイプライン1本のリターンは膨大。11本の内、1本の開花で会社の業態は一変する。

低位株カイオム推奨理由①11本もの抗体創薬開発が開花に向け進展中!

低位株の抗体医薬開発カイオムは、創薬には最低10年はかかるものであり、その研究費を創薬支援で得てきたが不十分で赤字が続いている。しかし、カイオムは現在パイプラインを11本も開発進行しておりいずれも収穫が近い為、今がカイオムの買い場と考えます。

確定申告|株運用の節税には確定申告と異なる住民税課税方式選択が重要

2017年税制改正で住民税は、確定申告と異なる課税方式選択が可能となり、株等取引による譲渡所得や配当所得の節税メリットが得られやすくなりました。総合課税で配当控除を受ける場合や分離課税で損益通算メリットを受ける場合等は住民税不要申告が有効

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク