節税対策一覧

年金所得者も「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が利用できます!

年金所得者もふるさと納税制度は利用できます。また、確定申告不要のワンストップ特例制度も利用できるので、節税と地域貢献に役立ちます。年末は、控除額の枠をチェックし、ふるさと納税を利用すれば、次年度の住民税が軽減され、行政負担の軽減できます。

ふるさと納税|給与・年金収入者、自営業者の「控除限度額」早見表

ふるさと納税は、節税効果が大きく他の負担軽減にも繋がり、且つ実質2000円で返戻品が貰える為、今年の所得総額が見える年末に「控除限度額」を見据えた利用が活発になります。給与・年金収入者や自営業者が簡単に限度額を把握できる早見表を整理しました

年末の株式取引は、損出し・益出しで節税と資産改善を図るビッグチャンス(リニュアル)

年末の株式取引は、損出し、益出しによる節税と持ち株改善のビッグチャンス。税負担の大きい株式投資では、年末取引で、それまでの運用状況に即した含み損や含み益の損出し・益出しにより節税効果を最大にし、持ち株の購入単価引き下げることが大変重要となる。

年末の節税対策は十分?|年末にできる節税対策と大きい節税効果(リニュアル)

節税に最も重要な年末のこの期間は、今年度の所得税、住民税の節税だけでなく来年の住民税の軽減とそれに連動する介護保険料や行政サービス負担の軽減や給付の増大に繋がります。特に、株式等譲渡所得税の節減とふるさと納税活用は見逃せない重要施策です!