水害一覧

近年豪雨被害が多発、火災保険に「水災補償」を付けるべきかの判断基準(リニュアル)

近年気候変動で豪雨が多発し河川氾濫や洪水、崖崩れや下水道集中溢れなどによる床上浸水や地盤崩れなど大規模水害が多発しています。余程の安全地帯(ハザードマップ上)、安全住居環境でない限り水災補償を付保されることをおすすめします。