ポイント還元、どの決済手段が恩恵(メリット)大か?目安は?

決済手段の違いによるポイント還元のメリットには大差なし、柔軟に選択を!

10月1日から実施されている政府のポイント還元制度には上限は設けられていませんが、クレジットや電子マネーなどの決済会社では、不正防止の観点から、各社各様の上限設定の枠を設けています。

[政府のポイント還元制度]

[決済各社のポイント還元設定]

決済各社のポイント還元の設定方法は、①「月額で上限額を設ける」決済会社と②「月額上限なしで一回当たり上限額を設ける」決済会社に分かれています。

①月額で上限額を設ける決済会社

<ポイント上限額を得るための必要購入額>

決済手段 ポイント上限額 2%の店舗での購入額 5%の店舗での購入額
d払い 30000円 150万円 60万円
PayPay 25000円 125万円 50万円
クレジット、デビッド、WAON、auペイ 15000円 75万円 30万円

全て5%還元の店舗で購入するとすれば、結局月額30万円までの購入総額であればどの決済方法であってもポイント還元額(購入総額×5%)は変わりはない。30万を超える想定であればPayPayかd払いにメリットが生まれ、50万を超えると想定すればd払いが有利となるが、一般的世帯(月額30万円位)に照準をあてるとどれでも得られるメリットに差が無いように思われる。ましてや2%の店舗で購入するとすればさらに大きな月額購入総額にならなければ上限のメリットは得られない。従って、一般的世帯を想定すればどれも大差ないと考えます。

②月額上限なしで一回当たり上限額を設ける決済会社

<ポイント上限額を得るための必要購入額>

決済手段 ポイント上限額 2%の店舗での購入額 5%の店舗での購入額
楽天ペイ 25000円 125万円 50万円
ミニストップ 5000円 25万円 10万円
楽天Edy、nanaco 2500円 12.5万円 5万円
Origami 2000円 10万円 4万円

全て5%の店舗で購入すると仮定し、1回の購入額が4万円までであればいずれも還元メリットは同じであり、4万以上の購入額になるならばOrigami以外にメリットが出てきます。1回につき5万円以上の購入額が多いのであればミニストップや楽天ペイにメリットがありますが、ミニストップで1回5万円以上の購入が通常あるとはあまり考えられないので、1回につき5万円以上の購入が多いとすれば断然楽天ペイにメリットがあると思われます。

但し、2%の店舗での購入となると1回125万円の購入がなければ上限メリットが得られません。1回4万円で2千円の還元を得ても、月に7回繰り返さなければ、①の月額15000に近い還元メリットがえられません。

以上のように考えると、ポイント上限額の大きさに目を奪われますが、余程の月額購入額が多い世帯は別として一般世帯においては、得られるメリットに大した差はないように思われます。

従って、ポイント還元でメリットが大きくなる決済手段の選択にあまり拘る必要は無いように思われます。

ときたまの高額購入に備えた決済手段を一つ(楽天ペイ)持っておけばその際には恩恵を得られるかも知れませんね。例えば、1回の購入総額が30万円(5%の店舗)、又は75万円(2%の店舗)の時は楽天ペイにするような使い分けで利用するとメリットが得られますね。月額15000円のポイント還元を得るためには少なくとも月額30万円(5%の店舗)から75万円(2%の店舗)の購入が前提です。

従って、決済手段の選択は、使い勝手の良さやポイントの貯め易さや使い勝手の良さ、紛失リスクの軽減度などを勘案して決められればいいのではないでしょうか?

いずれにしてもいずれかの決済手段でキャッシュレス決済を徹底してポイント還元を享受されることをおすすめします。

関連する下記記事もご覧いただければ幸いです。

キャッシュレス急拡大!キャッシュレス対応POSレジの早期導入が急務!

キャッシュレス決済急拡大!対応できない店舗は深刻化か?対応急務!

キャッシュレス還元に乗ろう!カードかスマホかは好みが一番!

10月の消費税ポイント還元を前にスマホ決済各社の上乗せ競争始まる

キャッシュレスで消費増税還元ポイント等を賢く活用しよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク