次世代住宅ポイントを利用して玄関ドアや窓の防犯力強化を図りませんか?

ご自宅のドア・窓の防犯力は大丈夫ですか!空き巣の浸入を防げますか?

10月の消費税引き上げに備え需要喚起のため「次世代住宅ポイント制度」が制定され、良質な住宅へのリフォーム等に対し様々な商品と交換できるポイントが付与されます。

この制度を活用して、ドアや窓の防犯力強化を図りませんか?

現在のドアは、空き巣に狙われた場合に突破されやすくないですか?鍵が1つであったり開錠されやすい鍵だったりしませんか?木製のドアだと簡単にこじ開けられたりしませんか?空き巣の破壊浸入に5分以上耐えられますか?

窓は木製であったり割れやすいガラスではありませんか?簡単に窓ガラスが外されたりガラスを割られたりして空き巣が侵入しやすくないですか?空き巣の浸入を5分以上くい止められますか?

別の記事(CPマークについて)で紹介しましたが、侵入までに5分以上の時間を要すると評価された防犯建物部品に「CPマーク」の使用が認められる制度があります。これは、泥棒の攻撃に対し建物部品が「5分」耐えることができれば約7割の泥棒が侵入をあきらめるということからきています。実際は、試験員が「ドア」・「サッシ」・「ガラス」・「錠」などに対してピッキング用具やドリルで開錠を試みたり、バールでドアをこじ開けたり、ガラスを打ち破ったりするなど厳しい試験を行い、完遂までの時間を計測して行うものです。

このようなことから考えて今のご自宅のドアや窓は心配ないですか?

もし心配な面があれば、是非今回の「次世代住宅ポイント」を利用して少しでもドア・窓の防犯力を強化して安心できるようにしておきませんか?

〖開口部の断熱改修:「ドア・窓」の防犯能力強化方法例〗

⦿ドアを二重ロックのスチール製ドアにリフォームしては?

⦿窓を断熱性能と強度のある窓ガラスにリフォームしては?

〖次世代住宅ポイントを活用するためには〗

いくつが条件があります。

①リフォーム完成(引き渡し)が10月以降来年3月末までの間であること。

②工事業者へ発注(工事請負契約)し「次世代住宅ポイントのホームページ」で自宅の最寄りの申請場所を検索して申請提出する。(業者に頼むこともできますが、申請者はあくまでも施主本人)

③ポイント付与の対象となる建物部品等は指定されたものでなければならないので、工事依頼は、ポイント制度を精通しているか確認したほうがいい。リクシルなどいくつかの工事業者にその旨伝え見積もりを依頼する。

④ポイントの対象工事件名は、あくまでも「開口部の断熱改修」なので「断熱性」の向上が伴う形にしなければなりません。

なお、発行ポイントのは、下記表です。⇒「次世代住宅ポイントHP

また、次世代住宅ポイント制度の事務局に登録された型番の製品を使用した工事のみが対象です

なお、「自分でできる「長期間の留守に備えての防犯対策」」もご覧いただければありがたいです。

防犯建物部品のCPマークをご存知?空き巣の浸入防止性能を示す!

警察、国交省、工業会等で構成された「官民合同会議」が、侵入犯罪を防ぐため「防犯性能の高い建物部品」を普及させるため、平成16年5月に制定したもので、「侵入までに5分以上の時間を要する」などの防犯性能があると評価された防犯建物部品を「防犯性能の高い建物部品目録」に公表し、「防犯建物部品」と呼び、「CPマーク」の使用を認める制度です。

※泥棒の攻撃に対し建物部品が「5分」耐えることができれば、約7割の泥棒が侵入をあきらめるという元泥棒の証言に着目し、この「5分」耐えうることを防犯性能の基準とした

※CPマーク:「防犯=Crime Prevention」の頭文字『C』と「P」をシンボル化

防犯基準は、工具類などの侵入器具を用いた侵入行為に対して建物部品が有する抵抗力を評価するもので、「ドア」・「サッシ」・「ガラス」・「錠」などに対して実際に試験員がピッキング用具やドリルで開錠を試みたり、バールでドアをこじ開けたり、ガラスを打ち破ったりするなど厳しい試験を行い、完遂までの時間を計測して行うものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク