長期間の留守に備えた防犯対策一覧

NO IMAGE

防犯カメラ|ペット型ネットワークカメラのおすすめ!

「固定カメラ」は、抑止力と録画の上から欠かせないが、「ペット型ネットワークカメラ」は、簡単にスマホで繋がり、家の状況を首ふりによってほぼ全方位でチェックできます。防犯カメラの補佐役として防犯対策の要として活用してください。

NO IMAGE

空き巣は留守宅をどのようにして見つけるのでしょうか?

空き巣が「留守宅の家」を見つける方法は、家の状況が発する不在のサインです。例えば、郵便受けの状態や夜の外灯や部屋の灯り、日中の雨戸の状態、ドアホンの反応状況などです。従って、空き巣に狙われないためにはこれらの状況をなくす対策が必要です。

NO IMAGE

留守時防犯対策|雨風が強い日は空き巣の狙い目、要注意!

雨風の強い日は足音やドア窓を破壊する音がかき消されるため、空き巣による侵入窃盗事件は多い。しかし、雨風の強い日を想定しての特別な対策がある訳ではなく、あくまでも、留守時に備えた防犯体制の充実こそ我が家を守る最大の武器となります。

NO IMAGE

旅行などで家を留守にする時は最低限まず防犯カメラを設置しましょう!

二日以上家を空けて留守にする場合は、何はさておき、表通りから見える位置に防犯カメラを2台は設置することをお薦めします。他の防犯対策が不十分でも防犯カメラがカバーしてくれる可能性は大です。防犯カメラは、スマホ対応できるものにしましょう。

NO IMAGE

防犯建物部品のCPマークをご存知?空き巣の浸入防止性能を示す!

泥棒の浸入に建物部品が「5分」耐えることができれば、約7割の泥棒が侵入をあきらめることに着目し、この「5分」耐えうること性能を持つ建物部品を「防犯建物部品(PC)」に認定する制度で、鍵、ドア、窓などの設備対策に有用。

NO IMAGE

留守宅防犯用「日よけシート、すだれ」の選ぶポイント

全ての雨戸を何日も閉め切っていると留守と感づかれやすいため、いくつかの雨戸の外側を「日よけシートやすだれ」で覆うと雨戸を閉め切っていることがかわかりにくくできます。自宅の窓に適した「日よけシートやすだれ」を活用して防犯対策にしましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク