長期間の留守に備えた防犯対策一覧

NO IMAGE

旅行などで家を留守にする時は最低限まず防犯カメラを設置しましょう!

二日以上家を空けて留守にする場合は、何はさておき、表通りから見える位置に防犯カメラを2台は設置することをお薦めします。他の防犯対策が不十分でも防犯カメラがカバーしてくれる可能性は大です。防犯カメラは、スマホ対応できるものにしましょう。

NO IMAGE

防犯建物部品のCPマークをご存知?空き巣の浸入防止性能を示す!

泥棒の浸入に建物部品が「5分」耐えることができれば、約7割の泥棒が侵入をあきらめることに着目し、この「5分」耐えうること性能を持つ建物部品を「防犯建物部品(PC)」に認定する制度で、鍵、ドア、窓などの設備対策に有用。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク