老後の備え一覧

介護保険⑤|一目でわかる地域密着型特養・グループホームの利用料

自宅介護が困難になっても住み慣れた地元で生活できる仕組みとして地域密着型の「地域密着型特別養護老人ホーム」と「認知症対応型共同生活(グループホーム)」の施設整備が進んでいます。各施設の利用料が一目でわかる表にまとめたので活用ください!

介護保険④|これは便利!一目でわかる特養・老健等施設の利用料負担明細

「特別養護老人ホーム」や「老人介護保険施設」、「介護療養型医療施設」等の公的介護施設を利用した場合、1か月にどのような費用がいくらぐらい負担となるか、要介護別・居室別に一目でわかる表にしました。施設利用を検討される際にご活用ください!

介護保険➂|居宅介護サービスの種類と費用の目安及び利用の留意点

居宅介護サービスには様々なサービスが用意されており、要介護度に応じて利用できる限度額も大きく引き上げられています。うまくケアプランを組んで利用すれば、1割負担で十分な居宅介護サービスが受けられ、自宅願望の強い居宅生活が続けられます。

介護保険②|介護サービスにはどのようなものがあるの?受けるには?

親が要介護となった場合、家族共々重い負担を背負い無理を続けると日常を失います。そうならない為には早めに適切な介護サービスの利用が重要です。従って、万一に際、適切に対応する為にはどのようなサービスがあるかを理解しておくことが極めて重要です。

「特別支給の老齢厚生年金」を貰い忘れていませんか?5年で時効!

「特別支給の老齢厚生年金」は60歳受給開始を原則65歳に引き上げた時の激変緩和措置であり、原則65歳受給開始の年金繰上げとは全く関係なし!貰わないと大損で、気づかず申請漏れが多いので注意が必要!5年の時効があるので漏れがあれば至急申請を!

NO IMAGE

年金基礎知識|年金改正で老後を豊かにする為の公的年金の受給の仕方

年金改正では①年金受給開始年齢が75歳まで拡大され受け取る年金も増額される、②65歳以降も厚生年金に加入し続けると年金が都度増額改定される等から、老後の年金を充実させるためには60歳以降も永く働き年金受給開始を極力繰り下げることがおすすめせす。

NO IMAGE

年金改革成立で豊かな年金設計が!公的・私的年金の改正ポイント

今回の年金改革は、60歳以降も継続して永く働き、併せて年金受給開始時期を先送りする等により充実した公的年金が受給でき、かつ税制優遇を受けた私的年金の充実も図れ老後安心の資産形成ができる内容。年金2000万円問題解決の糸口になると期待できる。

NO IMAGE

貴方の老後大丈夫?公的年金の繰上げ受給は極力避けるべし!

公的年金の受給開始年齢は原則65歳であるが、生活状況に対応できるよう、繰り上げ及び繰り下げができる仕組みとなっている。しかし、老後の安心のためには、働ける間は極力年金受給開始年齢は繰り下げることが賢明。繰上げによる年金減額の影響は大きい。

NO IMAGE

あなたの老後大丈夫?大切な公的年金いくら位になるかご存知?

労働収入のない老後は、長期安定的に収入補償してくれる年金が最も重要な生活基盤。中でも公的年金の見込み額把握が老後の備えの第一歩。老後の生活費規模から足らざれば「私的年金」での補完、貯蓄形成、ローンの早期返済などの対応策が見えてきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク