留守宅防犯一覧

NO IMAGE

スマートロック|後付けビットロックが無茶便利で使い方無限と大評判!

スマートロックとは、家の鍵をスマホ等で開けられる様にするものですが、ビットロックは、今ある鍵に取り付けすぐにスマートロックの利便性やセキュリティーメリットが享受できます。スマホで遠隔管理・操作が可能になるので多様な活用が楽しめます!

留守宅防犯|家庭用防犯カメラ(室外用:防滴)の選ぶポイント留意点

防犯カメラは留守時の空き巣防犯対策上で必需品となっていますが、在宅時の装い強盗や特殊詐欺などの防犯対策にも欠かせなくなってます。家庭用防犯カメラの最大の役割は抑止機能にあります。スマホ対応でき手ごろ価格の防犯カメラを設置しましょう!

留守宅防犯|雨戸の目隠し対策「日よけシート、すだれ」の選び方(リニュアル)

長期留守時には雨戸は全て閉めるべきでないと言う説があるが雨戸は空き巣の侵入を拒む最後の砦、断固全て閉め切るべきです。しかし留守を悟られないために雨戸の外側に日よけシート・すだれ等で覆い雨戸の状態がわからないようにする空き巣防犯対策が必要。

NO IMAGE

台風被災家屋を狙った「火災保険で屋根修理」は火事場詐欺の恐れ!要注意!

台風の被災者を狙う火事場泥棒的詐欺まがいの偽ボランティアや法外な修理費用を請求する悪徳業者、火災保険詐欺などが狙う可能性があります。特に「火災保険の請求手続きを代行し修理します」という飛び込み業者や電話には要注意。詐欺が横行しています。

お盆の帰省や旅行前に留守時の空き巣対策は大丈夫?(リニュアル)

お盆の帰省や旅行を楽しく過ごす為には、留守中の空き巣対策を万全にすることが必要です。留守を覚られない工夫がもっとも重要です。また、空き巣に対する抑止力を高める対策が必要です。時間がなければ防犯カメラの設置だけはしておくことをおすすめします!

家庭用防犯カメラ(屋外用)は簡単な設置法で十分!自分でできる!

防犯カメラ等の耐用年数は6~7年であり、途中故障などが生じた場合のメンテを考えると、自分でできる範囲で設置することが望ましい。壁などに穴を開ける工事を伴わなくても、玄関ドア上や、軒天下など適当な場所に何らかの処置で固定できあるはずです。

防犯カメラ|自分で設置する屋外用防犯カメラの選び方と設置方法(リニュアル)

防犯カメラは、空き巣や押し込み等対策に欠かせない必需品です。防犯カメラの種類が多いですが、家庭用防犯カメラの最大使命は「抑止力」にあるので、高性能というより死角なき配置が重要。防犯カメラの選び方をご紹介しますのでご自分で設置に挑戦されては?

防犯カメラ|ペット・ベビーモニター型ネットワークカメラがおすすめ!(リニュアル)

箱形防犯カメラは、空き巣対策に欠かせませんが、安価でかつ簡単に設置と操作ができる「ペット・ベビーモニター型ネットワークカメラ」も、遠隔地からスマホで画像が確認でき録画等の操作や音声のやりとりができるので防犯カメラとしての活用をおすすめします。

留守宅防犯|空き巣は留守宅をどのようにして見つけるかご存じですか?(リニュアル)

空き巣は、留守宅を見つけるために郵便受けの状態や夜の外灯や部屋の灯り、日中の雨戸の状態、ドアホンの反応状況などを入念に下見をして留守を確認しています。従って、空き巣に狙われないためには、留守を覚られない工夫、対策が重要となります。

留守宅防犯|避難勧告等での留守を狙う空き巣に注意と対策!(リニュアル)

風水害による避難勧告で地域一帯が家を留守にする状況では、警察等の防犯体制も手薄になるため、家やコンビニは空き巣の狙い目になります。従って、平時の留守対策以上に「侵入する気にさせない」「侵入を困難にさせる」「被害を極力小さくする」等の工夫が必要。