申告不要制度一覧

確定申告メモ|住民税や社保料等へのはね返りで損しない為の留意点

株等の譲渡・配当所得等を確定申告すると、認識の違いから住民税や介護保険等への負担増に繋がる弊害がありましたが、所得税と違う課税方式(総合か分離か)が選択できる(申告不要制度)ので、必要なら確定申告前に住民税の申告も行うことをおすすめします。

確定申告|株の利益・配当にかかった高い税金を取戻す賢い申告の仕方

株取引の利益や配当には20%もの高い一律税率が掛けられ資産運用に重い負担となっている。この為、確定申告では個人の所得や損失状況等により配当控除や損益通算等の税負担軽減の仕組みが用意されています。確定申告しないで損している方が非常に多いです。

確定申告|株運用の節税には確定申告と異なる住民税課税方式選択が重要

2017年税制改正で住民税は、確定申告と異なる課税方式選択が可能となり、株等取引による譲渡所得や配当所得の節税メリットが得られやすくなりました。総合課税で配当控除を受ける場合や分離課税で損益通算メリットを受ける場合等は住民税不要申告が有効

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク