株式市場一覧

世界に周回遅れのコロナ対応、厚労省の当事者意識希薄で終息目途たたず!

日本のワクチン接種進捗度は先進国中で最悪。コロナ終息には行動自粛による感染拡大防止も重要だがコロナを克服するワクチンや治療薬の普及が不可欠。厚労省は、ワクチンの早期100%実施国産ワクチン、治療薬の開発に当事者意識を持って早期実現に役割を果たすべきだ

低位株カイオム推奨理由②|開発創薬1つ実れば高収益企業に一変!

低位株の抗体医薬カイオムは今が仕込み場!カイオムの導出社とのライセンス契約では、上市以降の販売ロイヤリティーを含めず、上市迄の収入総額が100億円近くとある。パイプライン1本のリターンは膨大。11本の内、1本の開花で会社の業態は一変する。

低位株お宝探し①|銘柄選びは会社を良く知り小額長期投資を基本に!

低位株の魅力は小額で投資ができ人気化すると一方通行の値上がりが期待できることです。環境悪化で主流株が急落する場合でも底堅い銘柄が多いのでリスクヘッジ効果も期待できる。但し、自ら企業実態を良く知って銘柄を厳選し、底値広いと小額長期投資が基本。

NO IMAGE

漸くコロナ感染検査大幅拡大本腰!陽性者の早期発見が主目的一歩前進

抗原検査は、精度は劣るが大量に短時間で簡便に検査結果が判定できる点が最大の利点。これにより、大量の検査がスピーディーに進みコロナ感染者の早期発見、早期治療、早期封じ込めにより早期終息が期待できる。富士フイルムのPCR自動分析との併用を期待したい。

NO IMAGE

新型肺炎に怯える株式相場、既存薬治験状況の朗報が待たれる!(2)3/5

景気停滞と失速懸念を打開するためには新型肺炎の広まりを封じ込めることですが、最も待ち遠しいのが、新型肺炎に効く治療薬の出現にあります。既存薬の中から新型肺炎に効く薬の特定(治験)作業の進行状況を整理しました、一刻も早い特定の実現を期待したい。