ネット上の貸金業者は詐欺多し!必ず登録貸金業者のチェックを!

迷惑メール

ネット上の貸金業者を装ったサイトによる詐欺被害拡大

ネット上の貸金業者に融資を申し込み詐欺被害にあう事件が多発しているとの報道がありました。

ネット上で融資を受けたいと申し込んだところ、電話がかかってきて「審査を進めるには携帯電話を契約して送る必要がある」と言われ、iPhone2台(16万円相当)を契約させられたというものです。

ネット上には、認可を受けていない非法会社や大手企業を騙る詐欺グループ等が氾濫

ネットには違法な貸金業者が、甘い女性の案内画面を使って獲物を待ち受けています。

詐欺グループはネット、メール、電話などあらゆる手段を使って獲物を待ち受けています。

このため、被害は後を絶ちません。

ネット上での取引には事前に相手の身元確認が必要です

ネットであろうが街中であろうが、知らない貸金業者に接触する場合は、必ず事前に正当な相手であるか確認が必要です。

確認方法はネット上に必ずあります。

貸金業者の場合は、下記のサイトで簡単に調べられます。

貸金業者の登録確認サイト

1.金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページ」

このサービスで検索されない貸金業者は、「貸金業の規制等に関する法律」に基づく登録を行っていない無登録業者(いわゆるヤミ金融)である可能性があります
(データ更新処理後に新規登録を行った場合は別であう)

実際のページです。店の名前や代表者の名前などを入力すれば結果が出ます。

2.日本貸金業協会「ヤミ金(悪質業者)の検索」

実在する業者やその関連会社を装ったり、無登録でありながら貸金業登録番号の詐称等で悪質な勧誘等が判明した悪質業者を検索できます。

実際のページです。店の名前や代表者の名前などを入力すれば結果が出ます。

最後に

ネット上には架空の業者、あるいは大手通販などを騙る詐欺が氾濫しています。

知らない業者は勿論、知っている名前の業者であっても、事前に十分確かめて接触する必要があることを肝に命じておきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 完 ーーーーーーーーーーーーーーーー

参考:業者の登録情報

金融庁ホーム

日本貸金業協会ホーム

日本貸金業協会は公正中立な立場から問題解決を支援します!



下記の関連記事もご覧いただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク