ADSLから何に乗り換えるべきか?固定電話の必要性が決め手?(一考察)

ADSL終了に備え、まだ他への乗り換えをしていない方は、今から何に乗り換えるか迷いますよね?

当然、ADSLを使っている方の多くの方は、NTT電話取り口からルーターを通して「インターネット回線」としてパソコンやゲーム機器のへの接続、及び固定電話機に接続されていると思います。

「インターネット回線」には、有線によるものは、①光ファイバー経由の「光回線」、②(ケーブルテレビ用)ケーブル経由の「ケーブル回線」、③既存の電話線経由の「ADSL回線」の3手段があり、有線によらない無線経由の「モバイルWi-Fi」があります。

このうち、③のADSLが、数年後に既存の電話線を利用できなくなるため廃止になります

このため、ADSL利用の方は、インターネット環境を維持するために他の「インターネット回線」に乗り換えねばならないのですが、この時に、まず考えなければならないのは「どういう環境にしたいか」を決めることが必要ですね。

その第一番目は、「固定電話」をどうしたいかということだと思います。

今と同じ「固定電話番号」と「ファックス機能」などが、今後も必要とするかどうかです。(つまり、今お使いのファックス機能付きの電話機が使いたいか

私は、現在利用している「ファックス機能」「ドアホンの携帯電話への転送機能」、「防犯用のドアセンサーなどの固定電話経由の転送機能」、及び「拒否設定などできるナンバー・ディスプレイ機能」などを存続させたいので、固定電話(ファックス機能付き)は手放せないと判断しています。

そうすると選択肢は、次の3つかと考えます。

  1. NTTの「拒否設定などできるナンバー・ディスプレイ機能」を持続するため、NTTとの契約を存続させて、ADSLは、④の「モバイルWi-Fi」に乗り換える。(固定電話はインターネット回線とは独立させて使い、インターネットは、モバイルWi-Fiを使う)

  ⇒NTT契約存続+「モバイルWi-Fi」

2.同様にNTTの「拒否設定などできるナンバー・ディスプレイ機能」を持続するため、NTTとの契約を存続させ、ADSLは、「光回線」に乗り換え「光電話」を併設する。ほぼ現状と同じ状態となる。(固定電話はNTTとインターネット回線の「光電話」との併用とし、インターネットは「光回線」を使うということ)

  ⇒NTT契約存続+「光回線」+「光電話」

3.NTTの「拒否設定などできるナンバー・ディスプレイ機能」は諦めNTTとの契約は打ち切り、「光回線」に乗り換え「光電話」を併設する。

  ⇒「光回線」+「光電話」

以上が固定電話の使い方を起点にした選択肢ですが、私は、NTTの「拒否設定などできるナンバー・ディスプレイ機能」は持続したいので3.は選択外として、1.を選択しようと考えていますが、正直、迷っています。

1.の場合、現状(ADSLの時)も、NTTに回線使用料を払っているので、「ADSL」と「モバイルWi-Fi」の価格差がコスト増減の要因となる。

仮に2.を選択すれば「ADSL」と「光回線+光電話」の価格差がコスト増減の要因となる。

もう少し各社の状況を見守って決めたいと考えています。参考になりましたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク